ホーム

記事一覧

RSS

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言―老年学会


超高齢社会を迎え、日本老年学会は現在65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に引き上げたうえで、それより若い人たちには就労やボランティアなどの社会参加を促すべきだとする提言をまとめました。

日本老年学会は医療の進歩などで健康的に生活できる期間が延びていることから、現在65歳以上とされている「高齢者」の定義について、医師や大学教授などのグループで見直しを進めてきました。そして、「高齢者」とする年齢を体力的な面などからも75歳以上に引き上げるべきだとする国などへの提言をまとめ、都内で発表しました。

提言では、そのうえで現在は「高齢者」とされている65歳から74歳までの人たちについては新たに「准高齢者」と位置づけ、健康な間は仕事を続けたり、経験を生かしてボランティアに参加するといった活動を後押しするなど、活力のある社会をつくっていく必要性を強調しています。

<以下省略>

※引用元:

「高齢者の定義75歳以上に」老年学会提言 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170105/k10010829971000.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • *NHK=政官放送局。 垂れ流し+補強=偏向☚調査・分析無し。一部の肯定的「街の声」を世論誘導に利用。 *老年学会=御用学者集団。 補助金まみれの、自民党補完勢力
  • 統計区分は別として、60代でもまだ働くことが可能な方は働きやすい環境を整えることが、少子化による生産年齢人口減の状況においてはとても重要。
  • 安倍は3食昼寝付きの専業主婦や外国人に高額の年金・ナマポは払うが、コツコツと年金を積んでいる現役社会人には年金を払わないってことね。
  • この提言に政府がどう動くか。元気なジジババに無駄に金あげなくていいけど彼らの言うように準高齢者として現役とは区別しないと若者の職がどんどん危うくなる。
  • 社会制度の矛盾は、定年制は60歳であるが、年金支給は65歳であることです。 社会制度の混乱をなくすために年金を60歳へ戻すべきでしょう。 社会制度の混乱を招く「高齢者の定義75歳以上に」老年学会提言




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: