ホーム

記事一覧

RSS

ソニー、有機ELテレビ再参入 4K対応、新技術も搭載


 ソニーは4日、有機ELを使った高精細な「4K」画像のテレビを年内に商品化し、有機ELテレビに再参入すると、家電・技術見本市「CES(セス)」が開催される米ラスベガスで発表した。発売地域は未定。ソニーは2007年に世界で初めて小型の有機ELテレビを発売したが10年に撤退していた。

 新しく発売するのは「ブラビア『A1E』シリーズ」。77型、65型、55型の3サイズを用意する見込み。価格は明らかにしていない。画面そのものを振動させて音を出す独自の新技術を搭載したのが特長。平井一夫社長は、ラスベガスでの講演で「薄く単純な構造を持つ有機ELだからこそできた」と語った。

 有機ELテレビの販売では韓国のLGが先行し、パナソニックも15年に欧州で4K対応の65型を発売。ソニーは近年、映画製作用のモニターなどに絞って有機EL事業を続けてきた。今回のテレビに搭載する有機ELパネルは外部の企業から調達するという。(ラスベガス=新田哲史)

※引用元:

ソニー、有機ELテレビ再参入 4K対応、新技術も搭載:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK155GRWK15ULFA01X.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • ソニーはエレクトロニクスですかね?落ちてソニーバンクですよね!まあ、地デジスタートから6年程度で4kとか8kなんて消費者をなめてるわ。普通の地デジで十分だ。番組も低レベルに成って来たし、宣伝が長いし!
  • 4K対応、海外先行発売:朝日新聞デジタル パナも海外先行みたいだからやっぱり日本のマーケットは弱くなってるんだろうか。。俺のプラズマテレビが死ぬ前に日本にも普及させてほしい。
  • 人口も所得が減り続ける日本は、市場として魅力がないとでも言うのか・・・。それを言ったら、日本で開発する意味がなくなってしまいそう。
  • 4K対応、海外先行発売 薄さを生かし画面から音。スピーカー無し。 企業価値、株価を上げるリーダーが増える研修用ビジネスボードゲーム 研修
  • 有機ELテレビもマスコットロボットも、ソニーが先行して商品化したものだっただけに、撤退で離れたファンは多かったのでは。再参入は「技術のソニー」のイメージ復活の意味が大きそうですね。










































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: