ホーム

記事一覧

RSS

民進党・蓮舫代表「水中には水中の戦い方がある。しっかりもがく」 野田佳彦幹事長の「水中」発言受け


 民進党の蓮舫代表は8日のNHK番組に出演で、野田佳彦幹事長が同党の情勢を「水中に沈んでいる」と表現したことについて「水中には水中の戦い方がある」と指摘。「泥沼でも花が咲くように、厳しい認識の上でしっかりもがき、リアルな政策を届ける政党であることを地道に訴え、一つ一つ信頼を取り戻していくしかない」と述べた。

 野田氏は4日の党の仕事始め式であいさつし、民進党の置かれた現状について「われわれの立場はもう背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」と強い危機感を表明し、奮起を促していた。

※引用元:

民進党・蓮舫代表「水中には水中の戦い方がある。しっかりもがく」 野田佳彦幹事長の「水中」発言受け

http://www.sankei.com/politics/news/170108/plt1701080020-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 空中戦どころか地上戦も満足に出来ないのだから、以後ずっと水中の奥底に引っ込んで地上で懸命に頑張っている人達に迷惑を掛けないでくれ。
  • もはや付ける薬は無い様だ。その泥舟に重りを付けているのは、蓮舫氏自身だろうが。他の民進党議員を同情するも、自業自得というものだろう。
  • ウケる(笑)。二位尼の言葉「浪の下にも都の候ぞ(平家物語)」を蓮舫代表へのはなむけとしたい。
  • だからだめ。 溺れたときは、もがくのではなく、水面を目指すのが正しい。慌ててもがけば、水面が分からなくなるだけ。
  • 故事を知らないんだろうな。いや、自分も古代中国の話としか出てこないし、韓信や項羽の名前もスッと出てこないけど。












































関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: