ホーム

記事一覧

RSS

クルマのオイル、なぜ短命に 交換時期より早い劣化、原因は日本のクルマ事情?


クルマのエンジンオイルが交換時期より早く劣化する原因を解説している

「クルマにとって一番きついのは、『チョイ乗り』」と専門家が指摘

日本では少なくない「チョイ乗り」での利用が劣化を促しているとした

※引用元:

クルマのオイルは交換時期より早い劣化、原因は日本のクルマ事情? - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/12515070/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 日本は大半の人が短距離走行の繰り返しで過酷だから、どうしてもシビアコンディションになりやすい以上6ヶ月毎の交換が良いって結論になっちゃうんだよね。
  • 一番のシビアコンディションは駅まで奥さんが旦那の送り迎えしている使い方。エンジンが温まった頃には帰ってるから燃費も最悪になる。こういう使い方にはEVが吉
  • 車検後二年間換えてないなんて事は結構増えてきた。エンジントラブルで余計に費用がかさむはめに。 距離が短くても半年おき位に交換してほしい
  • メーカーでは交換時期を10000キロと指定している場合が多いね。ただ、大半の使い方はシビアコンディションに該当するから、5000キロ前後を推奨してる。
  • 自分は3000kmもしくは半年で必ず交換するなあ。オイルは100%化学合成。 長く乗りたかったら、ちゃんと気にしないと。ちょいノリが一番シビアなのは常識。


















































関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: