ホーム

記事一覧

RSS

共産「本気の共闘」迫る=及び腰の民進と温度差

 共産党は15日にスタートした党大会に、結党以来初めて民進党など他党幹部を招き、次期衆院選で「本気の共闘」の態勢を組むよう強く迫った。4野党幹部はそろって結束のアピールに努めたが、民進党は最大の支持団体である連合への配慮から、共産党との連携強化になお及び腰で、共闘をめぐる民共両党の温度差は否めない状況だ。

 「頑張ろう!」。民進党の安住淳代表代行、自由党の小沢一郎代表らは来賓あいさつを終えると、共産党の志位和夫委員長を中央に挟む形で壇上で固く手を握り、頑張ろうコールを三唱。安倍政権打倒へ協力を誓い合った。

 ただ、小沢氏がサプライズを演出して登場し、社民党も吉田忠智党首が出席したのに対し、民進党は蓮舫代表や首相経験者の野田佳彦幹事長の出席を見送り、安住氏の派遣にとどめた。

<以下省略>

※引用元:

共産「本気の共闘」迫る=及び腰の民進と温度差 | ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2595206


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 中国共産党の出先機関日本共産党。中共の意向を受け、日本の憲法改正と軍事力増強を阻止する為に、なりふり構わず野党共闘に必死な輩だ。
  • 共闘では空中分解する。最初にお互いが譲れる項目の提示、それが第一歩。できなければ野党の力を削ぐだけだ。野党が現実の中に未来の理想を描くことが一歩。共産「本気の共闘」迫る=及び腰の民進と温度差(時事通信)
  • 共産「本気の共闘」迫る=及び腰の民進と温度差(時事通信) 民進党はいい加減にしろ!資本家お抱えの「連合」に縛られてるだけではないだろうが、一番大きな争点は立憲主義を取り戻すかどうかだ。その団結が出来ないなら、民進党に明日はない!
  • 共産「本気の共闘」迫る=及び腰の民進と温度差(時事通信) 民進党議員は共産党を支持するの? 民進党は共産党に乗っ取られる前に解党したほうが良い。 今なら傷が浅いけれど、共産党所属議員の「汚名」がついたら二度と支持されない。
  • 志位氏は「候補者を一本化しさえすれば勝てるものではない」として、政策や支援の調整を急ぐよう強調。「野党が多数を獲得した場合でも拒むのか否か。答えが求められる」と、民進党に対応を迫った。




















































関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: