ホーム

記事一覧

RSS

電通新社長に山本常務 「最優先は労働環境の改革」

 広告大手の電通は19日、常務執行役員の山本敏博氏(58)が新社長に就くと発表した。社員の長時間労働問題などで昨年末に引責辞任を表明した石井直氏の後任。23日付。

 山本氏は1981年に電通に入社。テレビや新聞など従来型マスメディアに、イベントやSNSなどを加えた広告手法を提案する戦略部署などを率いた。昨年3月には、成長領域のネット広告事業をまとめる電通デジタル・ホールディングス社長に就いていた。

 山本氏は19日にコメントを発表。「最優先の経営課題は労働環境の改革。経営の健全性や透明性の確保を図るガバナンス体制を強化する」とした。

 電通では2015年12月に、新入社員の高橋まつりさん(当時24)が過労により自殺。東京労働局が昨年12月、労働基準法違反(長時間労働)の疑いで、法人としての電通と、高橋さんの上司だった幹部社員を東京地検に書類送検した。

※引用元:

電通新社長に山本常務 「最優先は労働環境の改革」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK1M4VJ6K1MULFA015.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 共産党と共に民主党と韓国で、電通は此からも朝鮮通信使チンドン屋広告屋として反日をサヨクと頑張ります!日本に宣戦布告!ってとこでしょう。dメニューニュース:電通新社長に山本常務
  • 同じ組織文化を共有してきた旧経営陣から社長をトコロテン式に昇格させる、結局何も根本的に解決できないだろうね。 大企業のやることは低レベル、この程度のこと。
  • この人って責任ない立場の人なんだろうか。首だけすり替えて口から適当なことを言っても、旧態依然な体質なんだったら何も変わらない。重要なのは人手強化じゃないの?
  • 外部から起用してほしかった。さらに、労働弁護団の弁護士に労務監査役(当然社外)をやってもらうのがよい。
  • ただの昇格人事では、結局は「身内」になってしまうから期待は出来ないなぁ。電通の牙城は崩れていくのか。







































関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: