ホーム

記事一覧

RSS

所持金10円「ヤクザじゃ食われん」 職求め社長に直訴


 警察の支援による暴力団離脱者が昨年、過去最多の131人にのぼった福岡県。県内のある建設会社に男性が突然現れたのは、昨年6月だった。「社長、明日から雇ってくれんか」。50代の暴力団組員だった。

 40代の社長は男性を地元のヤクザと知っていた。だが体はやせ細り、所持金はわずか10円。断っても翌日また来た。「もうヤクザじゃ食われん。何日も食べとらん」。20人ほどの従業員を抱える社長は「ヤクザ辞めんね。更生したら雇ったる」と伝えた。

 数日後、男性は最寄りの警察署で離脱を表明した。社長も県警に相談。離脱組員を雇う協賛企業になれば警察がトラブル対応の後ろ盾になり、県の給付金も得られると聞かされた。怖さはあったが「放っておけない」「俺が助けんと」と雇うことにした。

<以下省略>

※引用元:

所持金10円「ヤクザじゃ食われん」 職求め社長に直訴:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK1S7HTJK1STIPE01V.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 公共工事の指名をもらうにあたって反社系の誓約書や契約書に反社会的勢力の排除の条文も載っている中、雇おうと判断する社長は結構気合入ってて凄い。
  • ただのヤクザ、ただの風俗嬢、ただのキャバ嬢はくっていけんよ。 外見と中身と、さらにプラスαがあって初めて儲けが増える。 どこも二極化、どこも格差。
  • 心配をよそに男性はよく働いた。週6日、夕方まで大型車の運転や資材の積み込みに励む。「無断欠勤も遅刻もトラブルもない。びっくりするぐらい頑張っている」
  • ほーヤクザが食い詰める時代なー。この話自体はいいことだと思うんだけど、より巧妙に地下にもっとひどい暴力機構があるんでは?と思ってしまう(陰謀論的?)
  • 得意の警察と暴力団の繋がりを隠すフェイクに過ぎない。 日本社会に於いてヤクザの関係しない企業は外資系を除いてまず無い。地元の組員が知らない訳が無い美談を創るなw




















































関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: