ホーム

記事一覧

RSS

蓮舫氏「言行不一致」因縁の稲田防衛相また“口撃”

 民進党の蓮舫代表が30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相を再び、“口撃”した。稲田氏が過去に、男女共同参画などに関して雑誌に寄稿した内容をやり玉に挙げ、現在の立場との「言行不一致」ではないかと問いただした。

 稲田氏が「10年前と現在、必ずしも同じ考えではない。議論をする中で、私も政治家として成長していく過程はあると思う」と、政治家としての成長を理由に挙げるひと幕もあった。

 蓮舫氏は「何と書いてありますか」「読んで教えてください」と、稲田氏に寄稿の一節を読むように要求。稲田氏は当初、「10年前の、一議員としての発言。現在は防衛相としてこの場におり、長い対談の中の一部だが、蓮舫代表が、どうしても読めとおっしゃるなら…あ、読まなくてもいいのですか」などと応じていたが、蓮舫氏の執拗(しつよう)な要求に、ぶぜんとした表情や、唇をかみ、くやしそうな表情を見せながら、答弁を続けた。

<以下省略>

※引用元:

蓮舫氏「言行不一致」因縁の稲田防衛相また“口撃” - 社会 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1772172.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 他人には青筋立ててヒステリックにがなり立てるが、自分の二重国籍問題にはほっかむり!国際司法裁判所の裁定にほっかむりする中国と全く同じ!
  • Yahoo! 他人の事は徹底して意地悪をし、自らの事は徹底して無視、隠蔽する面の皮の厚い二重国籍の噓つき党首。自らを律しなさい蓮舫さん。
  • 人は変わることができる。10年あれば国籍だって変えられる。重要なのは今。かつて表現規制反対の立場だった人や党が今もその立場とも限らないのを見てきた。「言行不一致」を使うならそちらへ。
  • 蓮舫のやり方では民進党は益々求心力を失うだけ。自分の二重国籍問題を棚に上げ、他人の足を引っ張るばかり。正常な政党でない
  • ※防御はからっきしダメだけど、口先攻撃は強いなぁw。パヨク属性丸出し。つまらなくなるので代表辞めないでね、蓮舫さん。
  • 「二重国籍問題で嘘を重ねてきたお前が言うな」と言うツッコミを受けてでもこんな事言うのって・・・ただ相手を批難して否定して罵倒したいだけなのかもしれないな、蓮舫って。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: