ホーム

記事一覧

RSS

「肺がん」1年伝わらず 慈恵医大病院、検査結果を放置

 東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)が、検査で肺がんの疑いを発見された70代の男性患者に検査結果を伝えないまま約1年間放置していたことが31日、関係者への取材で分かった。男性のがんは進行して手術できない状態となり、病院は患者側に謝罪した。

 関係者によると、男性は肝臓に持病があり、慈恵医大病院の消化器肝臓内科で治療を続けていた。昨年10月、貧血などのため同病院に入院した際、胸部CT検査で肺がんと診断された。

 ところが、12月になって担当医から「1年前に撮影した胸腹部CT検査で肺がんの疑いがあると放射線科医が診断していたが、放置していた」と説明を受けた。病院側の説明によると、男性は平成27年10月に入院した際にCT検査を受けており、放射線科の医師が画像報告書に「原発性肺がんは鑑別となり、短期間でのフォローが望まれます」と書き込んでいた。

<以下省略>

※引用元:

「肺がん」1年伝わらず 慈恵医大病院、検査結果を放置

http://www.sankei.com/affairs/news/170131/afr1701310014-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 重大ミスがまるで空気や水のように起きている。 まるで『でんでん』ら辞民盗が、息するように嘘を言うのと同じ流れ。
  • 慈恵医大病院はねー、悪気はないんだろうけど、システムがいいかげんそうな典型的な病院。来院者チェックの不足とか、消毒剤の配置不足とか。/
  • 結局は人が人を診る限りはミスが付きもの。でもね…医療業界では、誰よりも高い賃金を貰っているのは医者ですよ。対価に見合った仕事をして欲しいものです。
  • これ入院してたなら看護師もCTレポート読んで情報共有しとくべきよね。検査結果は看護師でも見れるし。こういうクソみたいな医者がいるから看護師がしっかりしとかないと。
  • もう手術も抗がん剤治療も出来ない状態って…。ミスは「0」には出来ないかもしれないが、絶対やってはいけいないミスがある事は確か!
  • 信じられん。謝罪どうこうの話では無い。本人や家族の立場で考えたら怒り通り越して泣けてくる。
  • 治療の機会を奪う以前の問題だわ。謝罪や慰謝料を貰っても納得出来ないわ。時間を返して、命を返してやりきれんわ「肺がん」1年伝わらず


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: