ホーム

記事一覧

RSS

東京新聞「深く反省」 副主幹司会「ニュース女子」問題


 沖縄の基地反対運動を伝えた際に人種差別的な発言があったなど批判の声が上がっている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組に、東京新聞(中日新聞東京本社)論説副主幹の長谷川幸洋氏が出演していたことについて、東京新聞は2日付朝刊1面に「深く反省」とする記事を掲載した。中日新聞も同日付社会面で同内容の記事を載せた。

 記事は深田実論説主幹名で、番組の内容について「本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません」「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」と説明。「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」「読者の方々には心配をおかけし、おわびします」としている。同紙には250件を超える批判や、見解を求める声が寄せられたという。

<以下省略>

※引用元:

東京新聞「深く反省」 副主幹司会「ニュース女子」問題:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK222GSQK22UTIL002.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 会社と考えの違う長谷川氏を副主幹に置いていることは、言論の自由、マスコミ権力の乱用を防ぐ立派な対策だ。謝っても尚彼を重用するなら言い会社だと思う。』
  • 機動隊員を宿所まで尾け回して写真撮ってパネル展示会開いたり、家族の情報握ってるぞ~って脅迫するだけの活動家をテロリスト呼ばわりするなんて!
  • 反対派は朝鮮の方が代表の団体が5万円で別の地域から派遣していることもわかったし、嘘とは言い切れないと思う。初めから偏った番組だから、気にする必要あるのかな。
  • 「人権侵害的な発言」なら尊重できる。さらっと書いている「人種差別的な発言」は問題を過大にしたい意図を感じる。朝日新聞は、このタイプの文書作成能力は高い。
  • パヨクによる言論弾圧だなぁ。自分達は何をやっても正当化。誰かにされると被害者ね。そもそも在日は「外国人」ですよ。
  • たかだか250件を超える批判に対応した神経を疑う。 従軍慰安婦と言う偽物記事を平気で世の中に出し、世界中に日本国民の尊厳を貶めたメディア等は未だに存在している
  • 「反日クソヒトモドキのマンカス」辛淑玉は、反対派の黒幕と本人が認めたぞ、クソ朝日め!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: