ホーム

記事一覧

RSS

「飛鳥II」世界一周復活へ しかし課題も 高騰する料金、不安定な世界情勢


2015年を最後に中止されていた「飛鳥II」の世界一周クルーズが、2018年に復活します。ソマリア沖の海賊や中東情勢などが原因で中止されていましたが、それらが解決しても、課題がないわけではありません。

「飛鳥II」の世界一周クルーズ、復活

 郵船クルーズは2017年1月20日(金)、同社が所有、運航する「飛鳥II」(5万142総トン、定員800人)による世界一周クルーズを2018年に催行すると発表しました。詳細は2月20日(月)以降に公表し、予約開始は4月としていますが、今回は8年ぶりに「スエズ運河を通過する」としており、旅行会社には早くもクルーズファンからの問い合わせが舞い込んでいます。

※引用元:

「飛鳥II」世界一周復活へ しかし課題も 高騰する料金、不安定な世界情勢

https://trafficnews.jp/post/64357/


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • 参加者平均71歳だし、若い世代に色々な意味で非現実的な旅行。海外クルーズのように若い世代に浸透できる環境が欲しい。
  • 豪華客船で世界一周するの夢だけど、金あって時間あるのは定年後なんだよな。平均年齢70って、さすが海の上の老人ホームと言われるだけありますわ。
  • 飛鳥IIにカジノを整備してカジノ客船にすればいい。カジノを合法化して日本国内でカジノ運用。これなら料金が高くても乗る。
  • 別名洋上の高級老人ホーム。乗船回数自慢の見栄の張り合い。 アジア人だけだろうなぁ。
  • いやぁ浪漫ですなぁ…私の人生最大の夢の一つ、豪華客船で世界一周。 いいですなぁ…



















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: