ホーム

記事一覧

RSS

「ニュース女子と東京新聞は関係ない」 副主幹が反論


 沖縄の米軍基地反対運動を一方的な立場で伝えたとして批判されている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組について、司会を務める東京新聞(中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹は6日、「あえて論評しない」と述べた。コメンテーターを務めるニッポン放送のラジオ番組で語った。東京新聞が紙面で「反省」を表明したことに対しては「言論の自由に対する侵害だ」と語った。

 長谷川氏は、番組に責任を持っているのは制作した「DHCシアター」と放送したMXテレビであり、「そこがそれなりの態度はもう示している」との認識を示した。そのうえで「私は司会という立場で出ているので、コメントすることは差し控えたい」とした。

 長谷川氏が司会を務める番組「ニュース女子」に対しては、取り上げられた人権団体や沖縄の基地反対の人たちが「議論ではなくデマ」「意図的な歪曲(わいきょく)がある」と批判している。MXテレビは「議論の一環として放送致しました」とし、制作した「DHCシアター」は「基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」などとする見解を示している。長谷川氏は後日の放送で「いろいろ騒ぎになりましたけど、まあ、盛り上がっているということですよ」とも述べていた。

<以下省略>

※引用元:

「ニュース女子と東京新聞は関係ない」 副主幹が反論:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK265RQKK26UTIL05J.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 取り敢えず今回の案件はデマということでオケ?昔社会科の先生が言ってたのは憲法の自由とは公共の福祉に反しない範囲であると。誹謗中傷の時点でアウトかと
  • マスゴミの自虐主義に付き合っていられない。ネットで反日活動を堂々と進めている害虫を何故支援するのか意味不明。
  • 取材しないで空想や噂話を「事実」であるが如く「報道」したから問題なんです。言論の自由以前に根拠のない報道はジャーナリストを名乗るべきではない。 大いに言論と言論を戦わせるべきでしょう。
  • 安倍晋三を筆頭に肩書きで権力チラつかせて仕事しながら腐敗した「私」が突出するネトウヨ思考はこの世代が圧倒的。
  • 与太郎による与太郎のための与太話を近頃の日本では「意見」と云うらしい。それで言論の自由を口にするんだから、在特会のスポークスマンあたりがお似合いだと思うぞ。
  • 司会が本業なら問題ないけど、会社の肩書き背負って仕事してるんだから、会社と主張が全然違ったら困るだろって。社会人でしょ?
  • 情報自体が誤っていて著しく偏っておりそれが東京新聞の報道と真逆なのだから副主幹の肩書は外して参加すべき。個人の発言は自由。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: