ホーム

記事一覧

RSS

「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定も…専門家から疑義で一転、文化財調査を中止


 昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、「国宝級」と鑑定された茶碗(ちゃわん)をめぐり、所有者が住む徳島県の教育委員会が、文化財指定に向けた調査を計画しながら、一転して取りやめていたことが9日、分かった。番組放送後、専門家から鑑定結果を疑問視する指摘が相次ぎ、所有者から調査中止の申し出があった。

■鑑定「安すぎる!」

 「国宝級」と鑑定されていたのは、昨年12月20日放送の同番組に持ち込まれた茶碗。古美術鑑定家の中島誠之助さんが、南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で制作され、完全な状態では3つしか現存しない「曜変天目(ようへんてんもく)」に間違いない-などとし、2500万円の鑑定額がついた。

 茶碗の所有者は徳島県内でラーメン店を経営する男性で、曽祖父が買った古美術品の中に交ざっていたとされる。

<以下省略>

※引用元:

「なんでも鑑定団」で「国宝級の茶碗」と太鼓判押されたのに…専門家から疑義!徳島県教委が一転、文化財調査を中止

http://www.sankei.com/west/news/170209/wst1702090055-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 製作技術が分かっていないわけで、偶然にせよ現物が有るのは事実で、その出来具合やレア度によって相場が決まるのだし、静観。
  • 本当に指摘された感じの偽物なら二束三文だもんね。手に入れた経緯から本物だと核心が持ててるなら絶対にきちんと調査するはず。取り下げたという事は・・・w「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定も…専門家から疑義で一転、文化財調査を中止
  • すべてなんでも鑑定団に非がある。 石坂浩二が抜けて好き勝手に演出やったら失敗したんだろ??
  • 外野が騒ぎすぎたせいで持ち主が辟易。少し黙ってりゃ良かったものを。ところで何で今更この話題?少し前に話はあったろ?
  • 凄い違和感あったけどこれで一先ずスッキリ。 中島誠之助氏の断定的な物言いを鵜呑みにする人がまぁまぁいてずっとモヤモヤしてた。
  • 物が物だけに真贋を明らかにしてほしい気はするけど、これまでの鑑定の信頼も揺らぎそうで怖い。!
  • “陶芸家、九代目長江惣吉さんは、鑑定額について、本物だとすればもっと高額になるとして「安すぎる」と首をかしげた。”


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: