ホーム

記事一覧

RSS

信長本のミス、KADOKAWAが謝罪 出荷分は回収へ


 出版大手「KADOKAWA」(東京)が出版した雑誌「岐阜信長歴史読本」に、地図上の地名の誤りや不要な文字など少なくとも約30カ所のミスがあることがわかった。岐阜市が編集に協力しており、KADOKAWAの三宅明ビジネス・教育部長が9日午後、岐阜市役所を訪れて市教委の担当者らに謝罪した。

 岐阜城など織田信長ゆかりの場所などを紹介する雑誌は1月30日に発行され、市は広告料約460万円を支払う契約を交わしている。地図で岐阜市の地名が書かれた場所が「三重」にあるように表記されたり、「岐阜バス」とすべきところが「岐阜バスバス」になっていたりするミスを、出版後に読んだ市職員が見つけた。

 三宅部長は市教委の若山和明事務局長らと面会し、ミスを謝罪。市教委は正しい誌面の再販売や、市が104万円で買い取った約1千冊の交換などを求めた。面会後に取材に応じた三宅部長は「できるだけ早く正しい内容の本をお届けできるように努力したい」と話した。

<以下省略>

※引用元:

信長本のミス、KADOKAWAが謝罪 出荷分は回収へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2953M2K29OHGB00H.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • リアルな話、商業校正のプロ校は、プロダクションや作業内容にもよるけど、最低2万/日くらいで呼べます。ケチっちゃダメだゾ!
  • これはひどい。一、二個ならまあ人間のやることだしって思うけど、30個はw河野悦子もビックリのミス連発wちゃんと校閲して出版しないと。
  • 30箇所以上のミスをスルーしたまま出版物を出すのも問題がありますが、これを嘘の記事を出しておきながら謝罪すらしない朝日新聞が報じるのはどうなのか?
  • 職場でも話題に。どうしても自分等と重ねてしまってドキドキしてしまう。 どこの過程でなったのか、校正したのか、気になるね。
  • 校閲とか社のチェックシステムとかの前に、たぶんこの担当者は編集の仕事絶望的に向いてないんだろうなあと。
  • これはある種の岐阜県民に対する挑戦状ではなかろうか。見つけた間違いの数で郷土愛を計るという。
  • デスマーチの結果か、中華・朝鮮系の下請けに丸投げの結果か。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: