ホーム

記事一覧

RSS

大塚家具、6年ぶり赤字 久美子社長の中価格帯戦略不調


 大塚家具は10日、純損益が45億円の赤字となる2016年12月期決算を発表した。前年は3億円の黒字で、赤字は6年ぶり。会員制廃止や中価格帯の強化が消費者に浸透しなかった。17年に、14年比で約3倍となる14億円の純利益を出すとしていた中期経営計画は取り下げ、新計画を3月上旬に公表する。

 売上高は前年比20・2%減の463億円、営業損益は45億円の赤字(前年は4億円の黒字)だった。来店客を増やす目玉だった家具関連の雑貨などの開発が遅れ、新築住宅を買った人向けの販売増を見込んだ住宅会社との提携がもたついたことも響いた。

 不振の大きな原因は、販売方式の変更にもある。大塚家具は会員制販売を得意としてきた。来店客に氏名や住所を登録してもらい、担当販売員が予算やニーズを細かく聞き取って高価格帯の家具の「まとめ買い」につなげた。

<以下省略>

※引用元:

大塚家具、6年ぶり赤字 久美子社長の中価格帯戦略不調:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2B5HHHK2BULFA01Y.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 騒動当時、こぞってメディアは、低価格路線に進もうとする娘の久美子氏に好意的な報道をした。容姿にとらわれ、経営戦略を見誤った、日本のメディアもくそだよ。
  • お家騒動のあった家具屋では買いたくないといった感情論には個人的には興味はないが、プロキシファイト後の株価の平均回帰は面白い。
  • バカだよなぁー。競争の激しい低価格路線にするなら独立すれば良かったのに。このご時世、あえての高級路線でもそれなりに結果出してただろうに。
  • 営業密着型じゃなくなった以上、営業はリストラすべきなんだけど、雇用は守るって約束しちゃったから、経営スタイルとしてちぐはぐで、赤字は当然の帰結。/
  • 久美子社長は美人でタイプなんだ♡。でもさ、社長が商品じゃなくて家具なんだ。政党も商品は代表じゃなくて政策なんだ。ロクな政策がないとメディアに出まくっても意味がない。
  • 高級志向の維持が正解でしたねと。職場が日本有数の高級住宅地にあるのだけどホントにIDC(大塚家具)のトラックばかり。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: