ホーム

記事一覧

RSS

<南スーダン日報>次第に追い込まれる稲田防衛相


 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊部隊の日報問題で、稲田朋美防衛相が次第に追い込まれている。「廃棄」したはずの日報の存在が明らかになるまでの経緯を説明すればするほど、別の疑問点が浮上する悪循環。稲田氏は10日、河野克俊統合幕僚長らを厳重注意したと発表したが、野党はさらに追及を強める構えだ。

 南スーダンの首都ジュバでは昨年7月、大規模な武力衝突が発生した。このため、国連職員らが襲われた際、自衛隊員が救援に向かう「駆け付け警護」の任務付与を巡って、国会では現地情勢に関する質疑が何度も繰り返された。

 こうした中、ジャーナリストが7月7~12日の日報を開示するよう請求。防衛省は12月2日、「日報はすでに廃棄されている」と不開示を決定した。同省によると、当時、陸自の関連部署を調べたが見つからなかったという。この間、政府は11月15日に駆け付け警護の任務付与を決め、同20日に先発隊が現地に出発した。

 ところが、自民党の河野太郎元公文書管理担当相が12月22日、「電子データは残っているはずだ」と防衛省に再調査を要請。その4日後に、同省統合幕僚監部に電子データで保管されていることが判明した。

 民進党は一連の経過を「隠蔽(いんぺい)ではないか」と批判する。与党議員が指摘しなければうやむやになっていたのではないかという見方もあるが、稲田氏は9日の衆院予算委員会で、12月16日に廃棄の報告を受けた際、「第1次資料の日報を本当に破棄したのか。しっかり捜すべきだ」と自ら指示したことを強調した。

 だとすると、稲田氏から指示された統幕が、電子データを確認した12月26日から約1カ月間、なぜ稲田氏に報告しなかったのかという疑問が生じる。文民統制(シビリアンコントロール)のあり方にも関わる問題だ。

 これについて統幕は、派遣部隊との事実関係の確認や不開示部分の調整などに時間がかかったと説明している。同省は今月7日、日報を一部黒塗りで公表した。

 稲田氏は10日の記者会見で「私への説明に一定の準備が必要ということは理解できるが、見つかった事実をすぐに報告すべきだった。関係部署を厳しく指導した」と釈明した。しかし、野党は稲田氏と省内の意思疎通が不十分なのではないかとにらんでいる。民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は10日の会見で「組織上のガバナンス(統治)はどうなっているのか。防衛相がしっかりと指揮命令を執れているのか疑義が生じている」と批判した。

<以下省略>

※引用元:

南スーダン日報:次第に追い込まれる稲田防衛相  - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20170211/k00/00m/010/112000c


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 正直論点がズレている。問題とするべきは「戦闘状態」下でPKOが制約される現行法の非合理性じゃないの。国際平和を誠実に希求する国が聞いて呆れる。
  • 止められなかった野党にも責任はある。戦場に非戦闘地帯などある訳ねーだろう。戦闘地帯は敵が決めるんだ。日本国政府としての決定事項に難癖付ける暇があるなら、今から撤退させろ。
  • 防衛相で止まる問題ではない。 菅官房長官は稲田防衛大臣の言葉を擁護、つまり内閣としての総意だ。 安保法を押し通した安倍総理の責任である。
  • 野党も毎日新聞もネタになって嬉しいか?どこの国の方が記者なの?笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑
  • 訳のわからない言いわけで、その場しのぎ。日本会議のマドンナ気取り、気持ち悪いオバサン、もう勘弁して欲しい!
  • 野党に気を遣って曖昧にしてきた防衛のごまかしを抜本的に転換する好機だ。国民もアホじゃないから現実は分かってる。そうだ、解散しよう!
  • 完全な情報隠しだろ。 書類ならまだしも電子データならデータベース化してある筈で検索すれば瞬時に取り出せる筈。 自衛隊の意図的な隠蔽だろう。 防衛相が甘くみられてるだけ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: