ホーム

記事一覧

RSS

「かっぱ寿司」、赤字転落へ


 売上高は前回予想から38億円減の788億円にとどまる(前期実績は803億円)。消費者の選別志向が進む中特色を打ち出せず、客数が減少。廃棄ロスと人件費の上昇でコストがかさんだ。昨年10月に打ち出したリブランディングは一時的な効果はあったものの、投入した広告宣伝コストなどを回収するほどの収益改善につながっていないという。

 来期に向け、不採算店舗の減損を断行するとともに、繰延税金資産の取り崩しで「経営上の不確定要素を排除」し、「事業構造改革を速やかに行うための前向きな処理」だとしている。

 これを受け、親会社のコロワイドも17年3月期の連結最終損益が19億円の赤字に転落する見通し(従来予想は23億円の黒字)。

※引用元:

「かっぱ寿司」、赤字転落へ

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/10/news121.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 一旦失墜した信頼は中々回復出来ないという見本だ。僕もとある店舗でしょっぱいまぐろを出され、しばらくして再度訪れた時も同じだったからそれ以来行かないようになったな。店は他にもあるし、もはやどうでもいいね。
  • 基本メニューも他に比べて美味しくないし、キャンペーンメニューも高い割に美味しくないイメージ。ファミリーが逃げたらどうにもならん。少なくとも味で選ぶことはない。 ---
  • ITmedia 既存店は、変更直後は話題になってプラスになったが、それ以降は再度マイナスに。 減損に続いて大量閉店が起こるのか?
  • 捕まった河童たちが泣きながら仕事をさせられている。給料は1日1本のキュウリだけ。ほとんどは子供で「お父さん、お母さんに会いたいよう」と泣いている。人件費を抑えることで安くて美味しい寿司を提供できるのです
  • よく企業の業績悪化を受けて「客を舐めてる」的な感想を言う人がいるが、ほどほどに舐めてる企業の方が案外成功してるなぁ…と顧客企業を見ていて感じる。
  • 記事詳細|Infoseekニュース 迷走してるよね。ブランド一新したけど、逆にファミリー層を失ったと思うわ。他の回転ずしと比べても特色がほとんどないもん。
  • 先入観捨てて食べ比べたら、かっぱ寿司は言われるほど、不味くない。イメージや先入観で、不味い寿司扱いになっていると思うよ。 ---


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: