ホーム

記事一覧

RSS

「説得力ある議論できたのか」 沖縄の地元紙さえ懐疑的な翁長雄志知事の訪米


 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が迷走している。米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設を阻止する決意を伝えるため、マティス米国防長官と入れ違いで訪米し、成果は皆無にも関わらず、「(3回目の訪米で)手応えは今回が最高」などと妄言も連発。帰国すると間髪入れず辺野古沖で海上工事が始まり、移設阻止で共闘関係にある地元紙や反対派と隙間風が吹いている。

 ■辺野古唯一に「失礼だ」

 翁長氏は1月31日から2月4日までワシントンに滞在し、下院議員12人と面談した。政府当局者との面談は課長級のヤング国務省日本部長ら2人だけだった。

 「(議員と)実のある議論ができた」

 「多くの方から『沖縄の事情が理解できた』という話を聞いた」

 記者団に成果をアピールしたが、地元紙ですら懐疑的だ。沖縄タイムスは、面談した下院議員らが辺野古移設阻止に向けて「何か具体的行動を取る説得力のある議論ができたのだろうか」と指摘した。

※引用元:

「説得力ある議論できたのか」 沖縄の地元紙さえ懐疑的な翁長雄志知事の訪米:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170212/plt17021209540002-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 仲井眞元知事の方がどれほど強かで政治家だった事か。中共から出馬で担がれた方だし、交渉能力ある政治家ではないからね。 【那覇支局長の沖縄オフレコ放談】「説得力ある議論できたのか」
  • 琉球王を気取って、どんなに演技・パフォーマンスしても力量レベルは隠せないな。LOLだ。そろそろ支持者から引導を渡されるだろう。
  • 国のトップを飛び越えて国防に関する話をする馬鹿を放置するから基地外と言われる。 【那覇支局長の沖縄オフレコ放談】「説得力ある議論できたのか」
  • 噴飯ものですね。踊ったり会食したり、血税で遊びに行ってるようです。下手すりゃ舛添要一よりひどい。
  • 孤立を強める翁長知事。国益、県益の為の正しい論点が無いからだ・・・➤➤【那覇支局長の沖縄オフレコ放談】「説得力ある議論できたのか」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: