ホーム

記事一覧

RSS

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴

 パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、漫画誌「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」(東京都渋谷区)の男性従業員(48)=休職中=が13日、青林堂と社長らを相手取り、慰謝料や未払い賃金計約2000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状などによると、男性は「ガロ」の営業部長を務めた後に退社。平成26年6月に再び入社したが、労働組合に加入したことを理由に解雇された。

 東京地裁で解雇無効となり27年10月に復職したが、他の従業員から隔離され、社長から「お前がばかだからできない」「左翼だ」「君の名前も公安に知らせてる」などの発言や不当な業務命令を受けたという。男性は28年2月に鬱病と診断され休職している。

 提訴について、青林堂は「訴状を受けとっておりませんので、コメントは差し控えます」としている。

※引用元:

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴

http://www.sankei.com/affairs/news/170213/afr1702130011-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • この記事が事実ならとことん戦って企業更生の布石にして欲しいが、心配なのは中途半端に知識つけて勘違いしたアホ従業員による企業への脅しかな。
  • 色んなところで指摘されてるけど、今の青林堂は「ガロ」を刊行してた頃とは全く別の会社。そしてそれ抜きにしても今の経営陣はクズ。
  • 最近、出版社の社長とか幹部、幹部級の編集者で、まともな出版人が絶滅危惧種だと思うのは、筆者だけ?
  • 当方も、S生協で第一労組員であって、体育会系職制たちからパワハラ被害を罹災した。
  • つまり、逆から見るとブラック企業と右翼と公安調査庁は繋がっている事を世間に証明したわけだ。
  • 先日のテレビの特集を見た限り、原告の男性もプロ市民のような印象を受けどっちもどっちだと思いました。
  • いわゆる『ガロ』路線を継承しているのは青林工藝舎で、現在の青林堂は以前の青林堂とは全くの別モノ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: