ホーム

記事一覧

RSS

南京事件「大虐殺」広まった一因、取材手法に疑問 「朝日新聞は検証すべきだ」OB激白


 アパホテルに「南京大虐殺」などを否定する書籍が置かれていることを中国政府が批判し、「言論弾圧」などと注目されている。歴史学者の間でも諸説が分かれる南京事件が「大虐殺」として広まった一因には、かつて朝日新聞のスター記者として知られた本多勝一氏が長期連載した『中国の旅』が果たした影響は大きいとされる。同紙で敏腕記者として活躍した、ジャーナリストの長谷川●(=熈のノを取り、巳が己)(ひろし)氏(83)は、「いまこそ、『中国の旅』の徹底検証をすべきだ」と主張している。

 本多氏は、日中国交正常化(1972年9月)前の71年6月から7月、共産党一党独裁の中国を取材して「被害者」の証言を聞き、同年8月から12月、同紙夕刊に『中国の旅』を掲載した。そこで記された残虐行為は、衝撃的だった。

<以下省略>

※引用元:

南京事件「大虐殺」広まった一因、取材手法に疑問 「朝日新聞は検証すべきだ」OB激白

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170213/dms1702131130002-n1.htm


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 穿った事案を事実のように伝えるのは悪。 後世に何を残すかと言えば平和安泰。 過ぎた事が悲惨な事だったかどうかはこの先の未来に関係ない。
  • 「朝日新聞は検証すべきだ」OB激白(夕刊フジ) →日本人が日本の味方とは限らない。一部の「発言権」を持った人間が自分の利益のためにデタラメをいけしゃあしゃあと書いちゃうのは問題。
  • 企業の寄付で、この検証を研究対象にする冠講座を大学に作り、バンバン論文出してアカヒと本多のウソを暴いてやりたい。
  • 南京事件も慰安婦も朝日新聞の売国記者の捏造記事から始まって居ます。朝日新聞は、慰安婦問題も 責任を果たして居ない。社長は会見すべき。
  • てんで筋違いの言い掛かり。我々の世代が南京大虐殺を学んだのは朝日の連載以前だし、死者30万人が確定したのは1947年の検察報告。歴史の捏造は止めろ。
  • ZAKZAK 政治的立ち位置が左翼でもええけど、日本を貶める捏造記事はアカン!朝日新聞は報道機関やない、犯罪組織や!
  • 慰安婦だけでなく、中共発表のみを記した異常で残虐な南京事件。検証の上、全世界に英文で誤報謝罪を絶対にさせたい!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: