ホーム

記事一覧

RSS

新型「プリウスPHV」発売 バッテリーの容量2倍に


 トヨタ自動車は15日、充電して走れるプラグインハイブリッド車(PHV)の「プリウスPHV」を5年ぶりに全面改良し、売り出した。ガソリンなしで走れる距離を2倍以上にし、見た目も一新。月間2500台の販売をめざす。

 PHVは一定の距離なら電気だけで走る。電気自動車(EV)と違い、電池が切れたときにもハイブリッド車(HV)として走れる。

 新型プリウスPHVは、バッテリーの容量を約2倍に増やし、電気で68・2キロ走れる。HV走行の燃費もガソリン1リットルあたり37・2キロ。旧型より約2割改善し、アクア並みにした。ソーラーパネルを屋根につけることもできる。

 PHVは欧州メーカーを中心に車種が急増し、販売競争が激しさを増している。ただ、車載電池の価格が高いこともあって、400万円以上する高級車と位置づけられることが多い。一方、プリウスPHVは消費税込み326万1600円から。「割安感」で普及を狙う戦略だ。トヨタの内山田竹志会長は「エコカーは普及しないと意味がない。HVの次はPHVだ」。

<以下省略>

※引用元:

新型「プリウスPHV」発売 バッテリーの容量2倍に:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2H4FDPK2HOIPE01B.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • これだけバッテリー容量が大きければ、実家近隣の長大な下り坂で回生失効に悩まされる事も随分軽減されるなぁ。ま、買えるだけのお金があっても買わないけど。
  • PHVは中途半端。海外で排出ガス排出量を誤魔化すためのものでしかない。充電をすれば、必ずCO2と核廃棄物は排出されるのだ。
  • バッテリ容量が増える最大のメリットは回収できる運動エネルギーが増えること。容量が小さいとバッテリー満タンで回生できずに運動エネルギーを捨てることがある◆新型「プリウスPHV」発売
  • 素のプリウスは、240万円だから考えるとないねぇ^^; 高級車とするなら別ブランドで売ればいいのに。後普及後皆が急速充電するとどうなるか?ご察知あれ。
  • 新型プリウスPHVの残念な所はせっかくのフルHD液晶を縦画面で固定したことだと云い続けてやる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: