ホーム

記事一覧

RSS

JKビジネスで補導の10代、「性行為やむを得ぬ」3割

 警視庁は、女子高生による接客などを売りにする「JKビジネス」で勤務経験がある少女たちへのアンケート結果を公表した。家庭や学校に不満がない「普通の女の子」たちの多くが、金銭目的でJKビジネスに関わっていた実態が明らかになった。

 少年育成課は、昨年6~7月に児童福祉法違反などで摘発した都内のJKビジネス2店舗に勤務した15~17歳の少女42人に聞き取り調査を行った。いずれも警視庁が補導し、現役高校生が7割に上った。

 42人のうち、約半数が勤務を通じて、客との性行為の経験が「ある」と回答。見知らぬ客と性行為をすることについて「場合によってはやむを得ない」と回答した人は28%にのぼり、抵抗感の希薄さが浮き彫りになった。

 家庭での生活に満足していると答えた人は全体の66%を占め、学校生活に満足している、とした人も全体の33%いた。

<以下省略>

※引用元:

JKビジネスで補導の10代、「性行為やむを得ぬ」3割:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2H51V1K2HUTIL01R.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 体を売る側が悪いという意見が圧倒的な下のコメ欄。彼らの女性蔑視の視点こそが今性犯罪を急激に増やしている要因だと思うが違うのかな。
  • これだから買う男だけが悪いって論調が間違っているのは自明なわけで。 結局、本気で止めさせたいなら女も悪いことをしているという自覚を持たせなきゃしょうがない。
  • 「やむを得ず」という言葉が青少年側から出ると言うことは青少年への福祉対策ができていない証拠。規制しても青少年が生き延びるために別のことで金を得ようとするぞ。
  • もはや「少年法」は現在にはそぐわなくなってる実情は多くの国民が感じているのではないか?法律を改正するのは大変な事だろうが、法を適正にしていくのが議員の役目!
  • モデル勧誘の3割が性的要求云々に続いて、またも胡散臭い書き方。たった12人の聞き取りで大げさな見出し。
  • 消費税増税の旗振り役の朝日新聞にこの報道をする資格があるのか。私は大いに疑問に思わざるを得ない。
  • 『子供がもっと自由に働ける日本こそ、こんなこそこそした性犯罪を追い詰める事になると思う。』


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: