ホーム

記事一覧

RSS

<貸家着工>首都圏でバブル? 新築増えて空室率上昇


 2016年の貸家着工は41万8543戸と8年ぶりの高水準になった。相続税の節税対策でアパートなどの貸家を建てる動きが活発化しているためだが、一方で既存のアパートやマンションの空室率は上昇している。専門家は「実需を伴わないアパート・マンション建設は続かない」として、バブル崩壊と首都圏郊外のさらなる「空きアパート」増加に懸念を示している。

 16年の新設住宅着工戸数は前年比6.4%増の96万7237戸で、2年連続で増加した。13年以来3年ぶりの高水準で、日銀のマイナス金利政策などを受けた低金利の長期化も住宅建設を後押しした形だ。

 中でも大きいのが貸家着工の増加だ。新設住宅着工のうち、持ち家や分譲住宅は20万~30万戸台にとどまる。これに対して貸家着工件数は08年のリーマン・ショック後は30万戸前後で推移したものの、13年に35万戸を回復し、16年には40万戸を突破。この結果、新設着工の4割超を占めている。

<以下省略>

※引用元:

貸家着工:首都圏でバブル? 新築増えて空室率上昇 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20170218/k00/00m/020/023000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 賃貸物件の建設はまだ続く。空家活用で賃貸にまわる物件も増えるから入居者確保がさらに難しくなる。家賃の値下げ競争になる。そうなると借上賃料の見直し問題が発生してもめる。
  • ちょっとした税改革で簡単にバブルを作れるんだね。中国や欧米はずっとバブルを作り続けてる。 他国がバブルを作る中でバブルを作らない日本の国力が相対的に弱まってるのがここ20年なのに。 ?
  • 固定資産税あげるべき。固定資産税安すぎだから、無駄に家賃や敷金礼金も高くて空室でも家賃下げない。お金動かない=不景気。固定資産税上げろ
  • 家賃保証とか誘われて30年ローン。保証するのは相場変動の家賃のみ。ローン破綻真っしぐら。下層老人へ突き進む。儲かるのは業者ばかり。
  • ガワだけ膨らんで中に入る人間がいないんだからまさに「バブル」だな。この不景気&人口減少の日本で住宅バブルとかアホか…。中国の「ゴーストタウン」を笑ってるばあいじゃないぞ。
  • 新旧交代があって当たり前とおもうけど、なぜバブルでまとめるのか?古い家に住んどけって?古い家を維持するのも大変だし<貸家着工>首都圏でバブル?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: