ホーム

記事一覧

RSS

「スカイライン」≠「GT-R」のナゼ 歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」


かつて「GT-R」といえば、日産「スカイライン」の最高級スポーツグレードを表していました。いまでは別々のクルマとして歩んでいますが、なぜそうなったのでしょうか。歴史をひも解くと、もっともな理由が見えてきました。

「スカイライン」と「GT-R」、その歴史を振り返ると

 自動車業界の年始の恒例行事が、「東京オートサロン」です。2017年も、さまざまなメーカーやショップが力の入った展示を用意しました。日産がお披露目したのは、「スカイライン」のカスタムである「プレミアム スポーツ コンセプト」。そして「GT-R」の2017年モデルでした。

※引用元:

「スカイライン」≠「GT-R」のナゼ 歴史と伝統、そしてゴーン氏の「決断」

https://trafficnews.jp/post/64910/


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 「NISSAN GT-R」としてアイデンティティを明確にしたことで復活を印象づけた。あとはラインナップと教育の充実が中長期的に必須。
  • 世代としてはGT-Rは「スカイライン GT-R」。別のブランドとしての認識は少ない。ただ、記事を読んで、別になって良かったのかもと思う。日産はいろいろなチャレンジを繰り返すいいメーカーだと思うので...
  • 利益追求の資本活動をする商人としては正しいのだろう。コアなユーザの意見を切り捨てまでして
  • でもやっぱりスカイラインが似合うなぁ。R32が一番カッコいい!今のは高性能だけど不細工だからなぁ。
  • どうでもいいけど個人的に日産好きだから頑張って欲しい。 カッコいいな。憧れる
















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: