ホーム

記事一覧

RSS

名鉄「香りバス」に異論 化学物質過敏症の患者団体


 名鉄バス(名古屋市)が昨年11月から運行している「香りバス」に疑問の声がでている。夜行バスの乗客にリラックスしてもらおうと始めたのだが、「化学物質に敏感な乗客が利用できない」と患者会から再考を求められた。

 名鉄バスは、車両の出入り口付近にアロマ発生器を設置したバスを計3台導入した。ドアの開閉と同時に香りが生じる仕組みで、昨年11月19日の名古屋―福岡線を皮切りに3路線で走らせている。

 この取り組みに対し、患者らでつくる「化学物質過敏症あいちRe(リ)の会」(名古屋市)が14日、名鉄バスに見直しを求めて質問書を提出。「化学物質過敏症の患者ら、香料で健康被害を起こす人もいる」「夜行バスは代替手段がなく、特定の人たちが排除される」などと訴えた。名鉄バスの担当者は「質問書の内容を吟味し、今後の対応を考えたい」と話している。

<以下省略>

※引用元:

名鉄「香りバス」に異論 化学物質過敏症の患者団体:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2M5CR4K2MOIPE00D.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • わかるナ、香水やコロンで咳き込んだり気分悪くなったりのエレベーター内。もう慣れたけど新人の頃、先輩女性に閉口。大昔は中年のポマードって、さすがオレは未経験だぞ~
  • いやいや。深夜バスはそこだけちゃうやろ。 乗らんかったらええやん。いちいちそこまで配慮する必要性は全く感じひんな。 むしろただのイチャモン・言いがかりやろ。
  • 香りとか匂いとかは、どう感じるか個人差が大きいから、「公共の場」でやるのはそもそもふさわしくないと思う。「どんたく」のような夜行バスなら、なおさら。
  • 発想はよいが、食べ物に好みがあるように、ニオイにも好みがある。ましてやアロマなどのニオイのキツイものは要注意。洋服にも残るしね。
  • 体調により匂いや香りがダメな時がある。ただでさえ周りは香水や髪の毛や柔軟剤の匂いとか混ざり合い過ぎてる。
  • 今回の行動そのものにケチをつけるつもりはないが、この種の社会的弱者と認識されている人たちを利用する団体の影がチラつくのが気になる。
  • そもそも夜行バスに他要因でリスク高すぎて乗れないだろうと思うけど、主張はしていくべきだと思うよ。東急でも各駅にアロマ発生機設置とかあったし。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: