ホーム

記事一覧

RSS

若者が百貨店のファッション売り場に行かない理由

 衣料品が売れない状況が続いている。低迷の理由として「若い消費者のファッション離れ」が指摘されている。

 日本百貨店協会が発表した2016年の全国百貨店売上高は、15年比2・9%減(既存店ベース)の5兆9780億円だった。6兆円を割り込むのは1980年(5兆7225億円)以来36年ぶりである。

 売り上げ構成比で3割を占める衣料品の不振が目立つ。婦人服(6・3%減)、紳士服(5・3%減)、子供服(3・9%減)は共に前年割れ。

 目立ったファッションの流行がなく、低価格のカジュアル衣料の活用したおしゃれが若者に浸透している。

 通販サイトや交流サイトで買い物をする人も増え、百貨店は流行発信源になりにくくなっている。現状アパレル業界は売り上げを左右する要素が多く、世相の流行にも大きく影響される分野である。年によって全く違う流行へ対応する必要がある業界なので、企業の施策ひとつで売り上げに大きく影響する。

<以下省略>

※引用元:

若者が百貨店のファッション売り場に行かない理由

https://newswitch.jp/p/8024


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 「高い!」「欲しいブランドがない!」…とは、デザイナー20代女子達。お母さんやおばあちゃんの洋服(60~70年代)と、スポーツアイテムとかミックスしていて、可愛いコーデが上手。
  • デザインが良くて何年も長持ちして着こなせる服ならば高くても売れるでしょう。あまり安過ぎても生地が傷みやすい等の支障が起きやすいのではと不安になりますからね。
  • 中間層にお金がないこともそうですが、可視化の時代なので、施設費や社員人件費が乗った高い商品を敢えて買う気がしないのでしょうね…。
  • カネが無いのと、趣味が多様化して一点にお金をかけるという趣向が褒められるモノでは無くなったからでしょう。バブル時代は二度と訪れない。
  • 京都の場合は、高島屋も大丸もおっさんくさいのしかないのよねえ。生態系の入れ替えは難しいのだと思う。マクレガーとか昔は若かったんだろけど。
  • 「若い消費者のファッション離れ」ってそれはネットショッピングや流通が便利だから消費者はそっち使うでしょ~私たちはファストファッションでオシャレ楽しんでるから!
  • 記事に「理由」書かれてないやんwwデフレ緊縮に危機感持ってる俺でも、ファッションは「今が適正」だと思ってる。DCブランド時代の、1万超えのTシャツ3万超えのパンツが頭おかしかったんです/若者が百貨店のファッション売り場に行かない理由


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: