ホーム

記事一覧

RSS

妻が無断で受精卵移植と提訴 男性「親じゃない」と主張

 別居中の妻が無断で受精卵を移植し、長女を出産したとして、東京都内に住む40代の男性が、生まれた子どもは嫡出(ちゃくしゅつ)子でないことを確認する訴訟を大阪家裁に起こした。男性は「自分の子かわからない」とも訴え、「親としての責任を課されるのは過酷だ」としている。

 提訴は昨年12月20日付。訴状によると、男性は妻との関係が悪化し、2014年4月に別居した。その際、妻は「人工授精に協力する義務がある」と精子提供を求め、男性は受精卵の母体への移植には自身の承諾が必要だと思い、「妻を落ち着かせるため」と応じた。ところが妻は15年4月、無断で同意書に男性の名前を署名して医療機関に提出し、16年1月に長女が生まれた。

 男性は訴状で「精子は妻に渡された容器に入れ、喫茶店で提供した。医療機関で採取しておらず、本当に自分の子か疑問だ」と主張。同意書は偽造であり自己決定権を侵害されたとし、DNA型鑑定で生物学的な親子関係が確認されても生まれた子の養育責任はないとしている。

<以下省略>

※引用元:

妻が無断で受精卵移植と提訴 男性「親じゃない」と主張:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2N5Q7BK2NPTIL024.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • /これで男性に扶養義務が発生するのは気の毒すぎる。別居する程の仲なのに子供作るなんて、女性のやり方が良くない。
  • で議論すべきかも…医療の進歩が産んだ新種トラブル。これはどんな判決が出るのか?
  • なんか複雑なニュース…。 世の中二人で協力して頑張って頑張って頑張ってもうまくいかないケースはざらなのに…。
  • 「性」関しては女が圧倒的に強いいからなぁ。産んでしまったものは元には戻せないが、少なくともこの男性に親としての義務を課すのは過酷だろう。
  • この裁判の行方、無茶苦茶気になります。でも、「渡しても使わないと思った。」は通じないと思う。
  • 全く同じ内容の話が1月に報じられていたと思うんだけど、それとは別件?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: