ホーム

記事一覧

RSS

家賃減収、大家が提訴へ レオパレス21「10年不変」

 家賃収入は10年間変わらない契約でアパートを建てたのに、6年後に減額されたとして、愛知県の男性(80)が22日、サブリース大手「レオパレス21」(東京都)を相手に、減額分の支払いを求める訴訟を名古屋地裁半田支部に起こす。同様の減額事案は全国で相次いでおり、少なくとも100人以上のオーナーが一斉提訴を検討している。

 サブリースは、オーナーが建てたアパートを業者が一括で借り上げ、空室に関係なくオーナーに一定の家賃を支払う仕組み。しかし、思うように入居率が上がらず、オーナーへの支払いを減らし、トラブルになるケースが相次いでいる。国土交通省は昨年9月、契約時に「将来的に家賃が減る恐れがある」との説明を業者に義務づけた。

 訴状などによると、男性は愛知県知多市に2階建てアパート(20戸)を建て、2005年1月に同社と月額77万7800円のサブリース契約を結んだ。同社は「30年間、賃料は減額しない」と説明。契約書では「賃料は当初10年間は不変」と明記されたが、経営難を理由に11年10月に約10万円の減額を求め、男性はやむなく受け入れた。だが業績の回復後も家賃は戻らないことから、男性は家賃の増額と、交渉を始めた16年7月からの差額約81万円の支払いを求めている。

<以下省略>

※引用元:

家賃減収、大家が提訴へ レオパレス21「10年不変」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2P5HZ6K2PUTIL04V.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • →もう売り逃げ同然の営業を敢然とやる営業会社だよね。業界ではめちゃくちゃ有名。この件なんか、平気で約束反故にしてまさに「売り逃げ」。
  • 昨今、相続税対策の名目で、しょぼい建材によるボッタクリ価格で建てまくってる。最初から採算がとれないことわかってても、家賃減額できるからとにかく建てる。業者側は損をしない仕組み。
  • 広報担当の回答がズレてる件|“「家賃を増額した例もあるが、当物件は近隣の相場と比較しても妥当な家賃と考えている。裁判所の調停による解決を目指したが、先方が取り下げた」”
  • レオパレス家具付きは魅力的だけど壁が薄いし退去時の清掃代他の費用が高いって聞いたから私は住まない。
  • 恋するレオパレスのCM見るたび思うけど、あれ男女逆だったら相当こわいストーカーよね。 ・・・と実際お金を出す父母世代は思っちゃうからあまり上手くない会社だと思います。
  • サブリースは空手形を切るような制度。 半分詐欺であり、こういうことをする企業の存在自体が不動産投資家にとってリスク。 レオパレスは市場から退場すべきだ。
  • まあ、自己責任って言い切ったら厳しいからねえ。とはいえ、ノーリスク・ローリスクの投資とか、おいしい話はそうそうないという基本的な常識は必要。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: