ホーム

記事一覧

RSS

ヤマト運輸が荷受けの抑制を検討 ネット通販拡大で、労組が春闘で要求


 宅配便最大手のヤマト運輸が、荷受量を抑制する検討に入ったことが23日、わかった。労働組合が今年の春闘の労使交渉で会社側に要求した。インターネット通販の拡大などを背景に宅配個数が増える半面、トラックドライバーなどの人手不足で慢性化している長時間労働の軽減を図る。

 人手不足は業界共通の課題で、最大手の動きに他社が追随する可能性がある。

 労組はまた、終業から次の始業まで最低10時間空ける「勤務間インターバル」の導入も要求。働き方改革を求める一方、賃上げ要求は定期昇給とベースアップの合計で平均1万1千円と前年水準(前年妥結額は5024円)に据え置いた。

 ヤマト運輸の平成28年3月期の宅配便取り扱い個数は、過去最多の17億3千万個。今期はこれを超える見通しで、労組は、次期の宅配個数を今期以下の水準に抑えるよう求めている。

<以下省略>

※引用元:

ヤマト運輸が荷受けの抑制を検討 ネット通販拡大で、労組が春闘で要求

http://www.sankei.com/economy/news/170223/ecn1702230012-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 前にも書いたが宅配よりも、自分で荷物を取りに行けるコンビニ跡を利用した地域の簡易倉庫的な場所をAmazon主導で作るべきだと思うんだ。それがあれば状況はかなり変わる
  • コンビニ受取を活用中です。それと、近くに営業所があるからそこで受取も検討中。あと、田舎になると宅配BOXがなさすぎて不便なので増やしてほしい。
  • 今や宅配ビジネスは世界的に熱い市場なのに日本人は泣き言とか情けない。というかこれも世界の動きに付いて行けないガラパゴスの弊害。
  • 配送員(ドライバー)がストレスなのか、荷物と暴れたり、、。 「その日に配送」とか、極端な「時間指定」、、指定時間には不在など、現場は極限の激務である。
  • ←短納期競争激化で、積載効率低下や、ドライバーの数や労働時間に負荷がかかっている。短納期の送料値上げが必要。
  • 思うに密林がヤマト使ってる時点で一番あかんのやと思う。佐川は撤退したし。密林は運送システムも一括で構築したらいいのに。
  • 海外には宅配というシステムはないわけで。。日本のサービスもやり過ぎなとこあるかもね。再配達は有料に!という声が多いけど再配達頼みの私にはちと辛いな😅


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: