ホーム

記事一覧

RSS

「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷

 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)の首などをナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部であった。冨田さんが出廷し、「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」と述べたところで、岩埼被告が不規則発言を繰り返し、退廷を命じられた。

 検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑。冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えた。一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べた。公判は結審し、判決は28日に言い渡される。

 冨田さんが証言する様子は、被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられた。冨田さんは「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」と涙声で語った。

<以下省略>

※引用元:

「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2Q6J42K2QUTIL070.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • これはもう、所謂ネットの落とし穴である所の思い込み暴走(不安性障害)ではなくて、病的レベルかな。わたしの知り合いも裁判で被告に迫られそうになった。
  • 貧困や格差が進むと、こうした「無敵の人」の犯罪が増えてくるのよ。国籍や民族とは関係なく。だからみんなで貧乏になる政治はやっちゃいけない。
  • これほど感情を制御する能力が欠如しているのであれば、心理療法等で改善を試みる必要があるのではないか。罰するだけでは改善しないように思うのだが。
  • 法改正し、裁判員裁判にして裁判員を被害者の親族や支持者で埋めて無期判決に!再犯確定なやつは絶対出してはならない!
  • 犯人、自暴自棄になってんだからまぁこうなるなって話。「救いようがない」とか「じゃあ殺す」とか上から目線で語ってる奴多いけどさ。
  • 被害者は一生傷を負っていくのに、加害者は出所したら自由になるんだと思うと無期懲役意外は不公平だよなぁ。
  • 17年で、こんな奴が公に出てくるなんて考えただけでもゾッとする。必ず富田さんを探すだろうし、再犯しますよ。今すぐ死刑に一票。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: