ホーム

記事一覧

RSS

<連合>残業時間100時間、容認検討…繁忙期、条件付き


 政府が検討する残業時間の上限規制について、連合内で繁忙期に月100時間を超えないとする案の条件付き容認が議論されていることが分かった。連合の逢見直人事務局長は23日、経団連の椋田(むくた)哲史(さとし)専務理事とこの問題を巡って協議を始めた。

 協議は東京・大手町の経団連で約30分行われ、協議後に逢見事務局長は「現状のままだと何も世の中変わらない。やっぱり変えなければ」と話した。

 現行では労使協定によって月45時間、年間360時間まで残業が可能で、特別条項を付ければ最大半年まで無制限となるため「青天井」「過労死の温床」との批判がある。

 政府は上限時間を明記して労働基準法を改正する方針。既に月平均60時間、年間720時間とする案については、労使とも容認している。経済界は「1カ月間に限れば100時間まで残業を認める」方向なのに対し、連合は「とうていあり得ない」(神津里季生会長)と反発してきた。

<以下省略>

※引用元:

連合:残業時間100時間、容認検討…繁忙期、条件付き - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170224/k00/00m/020/079000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 表面的に規制してもあかん。 実際と報告数字の乖離増大するだけ。時間外を命令とするような考え方(命じることが出来るみたいな・・・)は改め労働者の選択権最優先へ。
  • 労働組合がこれ認めたらダメだと思うがなぁ。ワークシェアとか提唱してるんだから採用増やして負担減らせとか言わないとさ。
  • 連合自身は「日経の記事はトバシ」と言い訳するプレスリリースを流していましたが、フォロワーが現れたとなると本当に容認の方向に進んでいるんでしょうね。
  • 連合はやっぱり駄目だな。 日本人は経団連の奴隷じゃないんだよ。国家としておかしいだろうこの政策は。保守派、アンチグローバリズムな国民が反対しないと。
  • これ、検討が長引いて疲弊するのは労働者の方では。。そして、前にもしてきしたけど、『年中繁忙期☆』宣言にはどう対抗するの。。
  • 経営者側は鬼だな。鬼残業。経営者側も、100時間残業と同じように就労負荷を経験してみろ!
  • 起きて帰宅まで15~16時間位 仕事に費やす事に…人間らしさとかけ離れてる!幸せに生きる為の道具でしかない金の為に 死ぬ程働けって?子育て等 無理!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: