ホーム

記事一覧

RSS

読書時間ゼロ、大学生の5割に 増えたのはスマホの時間

 1日の読書時間が「0分」の大学生は約5割に上る――。全国大学生活協同組合連合会(東京)が行った調査でこんな実態が明らかになった。書籍購入費も減る一方、スマートフォンの利用時間は増えた。

 調査は学生の生活状況を調べるため、毎年行っており、全国の国公私立大学30校の学生1万155人が回答した。

 1日の読書時間が「ゼロ」と回答したのは49・1%で、現在の方法で調査を始めた2004年以降、最も高かった。平均時間も24・4分(前年比4・4分減)で、04年以降で一番少なかった。1カ月の書籍購入費も減る傾向で、自宅生が1450円(同230円減)、下宿生が1590円(同130円減)で、いずれも過去最低だった。

※引用元:

読書時間ゼロ、大学生の5割に 増えたのはスマホの時間:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2R64BKK2RUTIL05H.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • この現象は加速拡大する。止めようとして批判するのではなく、変化に対応していく方が建設的。ついていけない出版系や本屋が閉じていく。 辛いけど。。。
  • 確かに弊大学の周りですら読書好きな人は多くはない印象だけど、本読むの好きな人間的にはさすがにショックだ...。(面白い本がいっぱいあるのにもったいない)
  • 地元の書店の文藝書コーナーの過疎り様を見れば納得。ホント滅多に見ないのよね文庫コーナーを物色するカワイイ女子とか。
  • 本を読むことは良いことだと思うが、読了感のみで行動にいかせてない人多数なので、読んだら何か行動に起こせる本を読むべきだと思う。
  • 長期休暇等、時間が有る時に本を読み問題の骨格を押さえ、日々のスマホ情報で枝葉を強化する。自分にはこれが合っている。
  • またこの話題か。紙媒体はともかくリーディング自体は減ってなかろう。読むものの質はそれぞれ個々に依存するとしても。
  • くだらない内容の本は多いし、スマホでも中身の濃い記事を読んだりできる。一概に悪いと言えないんじゃないかな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: