ホーム

記事一覧

RSS

小金井刺傷事件、冨田さん意見陳述「元の身体を返して」


去年5月、東京・小金井市で、音楽活動をしていた女子大学生がナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件の裁判員裁判で、被害者の女性が法廷でみずから意見陳述を行い、「犯人の身勝手な行動のせいで失ったものは数えきれません。傷のない、元の体を返してほしい」と訴えました。検察は被告の男に対し、懲役17年を求刑しました。

去年5月、音楽活動をしていた大学3年生の冨田真由さん(21)が、小金井市のライブ会場の前でナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件では、群馬県伊勢崎市の無職、岩埼友宏被告(28)が殺人未遂などの罪に問われています。

東京地方裁判所立川支部で開かれた23日の裁判員裁判で、冨田さんが被害者参加制度を利用して、法廷でみずから意見陳述を行いました。

<以下省略>

※引用元:

「傷のない元の体を返して」被害の女子大学生が意見陳述 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010887111000.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 少しだけ気持ち分かるよ。 訳分からない理由から他人から不自由な体にされたら、そりゃそうなるよ。 今まで出来てた事が出来なくなるって凄いストレス。
  • 刑期は加点方式ではなく減点方式で決めれば?最高刑が死刑とするならばそこからマイナスにしていく。死刑にならないからって舐めてんだよ、多分。
  • ほんとなにごともそうだけど、日本の法律はやったもん勝ちだよなー。もう少し厳しくならんのかね~。故意にやったんだろー。やられた方はたまらんよ。
  • こういうサイコってる人って更生の余地があるのかな? 明らかに殺意のある犯行だし、人1人を殺したようなもんなのにそんな人が同じ日本にいると思うと気持ち悪い。
  • たとえ傷のない体が返ってきても、今度は襲われるかもしれないという恐怖心を払拭できないと、以前と同様の活動は難しいですよね。あまりにも深く重い事件だ…
  • 死ぬ寸前まで傷つけられて、一生残る傷を負わされて、その代償としての検察の求刑は、懲役17年だって。これより重い判決が下される可能性はほぼゼロ。不条理だよ。
  • だから殺すっつってんの世間は(笑) 邪魔なのは税金で飼ってる司法の犬だから(笑) 先に人権屋を暗殺する必要がある。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: