ホーム

記事一覧

RSS

生徒思い?甘め採点続出 中3英語力調査の「話す」項目


 中学3年を対象に文部科学省が行った2016年度の英語力調査で、「話す」の項目について教員の採点を検証したところ、5~7割の高い割合で間違っていたことがわかった。一体なぜ……。

 文科省は19年度から、中3の全国学力調査の対象に英語を加え、「読む・聞く・書く・話す」の四つの技能について調べる。「話す」について教員が面接し採点する方法が可能かどうか調べるため、今回の調査対象579校から学力のレベル別に3校を選び、外部業者が採点結果を検証した。採点の確認は、生徒の解答を録音したICレコーダーをもとに行った。

 「話す」の問題は、音読や即興の質疑応答など五つに分かれ、教員は採点基準などを解説したDVDを見て採点することになっているという。

 間違いが多かったのは「音読」(配点2点)で、136人分の採点結果のうち72%の98人分が間違っていた。本来は「0点」となるべき生徒は、正しくは62人だったが、教員が0点としたのは6人に過ぎず、1点が44人、2点が12人だった。

<以下省略>

※引用元:

生徒思い?甘め採点続出 中3英語力調査の「話す」項目:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2S419LK2SUTIL00Z.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 義務教育段階は別に構わない。高校で偏差値40台の生徒に高卒認定試験的なものを課したり、大学を淘汰したり、ガンガン留年させたりした方がいい|生徒思い?
  • 厳密採点して進学就職でデータ不利喰らったら教師の評価に跳ね返るんだもん、そりゃガバガバになるだろう。職業倫理や情熱ではなく雇用問題であると見る。
  • 英語の成績はMカーブになりやすく、できる子とできない子の二極化が激しい科目です。原因の1つは単語力。話す、書くは受験英語だけでは厳しいと思う💧
  • いやいや、これはまともに採点すると、成績が悪かった生徒の親が自分の子供の出来の悪さを棚に上げてクレーマーになって怒鳴り込んでくるからだろ。
  • ん? 甘めになった理由が敢えて違うところに誘導されているように感じるが。 教員の自他共に認めるスキル不足が影響していると考えるのが妥当ではないか?
  • 学校のテストは甘い。高校入試の採点はめちゃくちゃ厳しい。これのギャップ差に中学生は泣いてますよ・・今の時期。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: