ホーム

記事一覧

RSS

「表現の自由」調査 政府、国連報告者に反論


 日本における「表現の自由」の現状を調査するため国連人権理事会が特別報告者に任命したデービッド・ケイ氏が問題視している点に関し、政府が4項目について反論を提示していることが25日、分かった。ケイ氏は沖縄県の米軍基地に反対する活動家への取り締まりや、政府による報道機関への圧力に懸念を表明している。政府はケイ氏が6月に提出する報告書で、事実と異なる見解が盛り込まれることを防ぎたい考えだ。

 ケイ氏は国際人権法を専門とする米カリフォルニア大アーバイン校教授。昨年4月には約1週間、調査のため日本を訪問し、政府関係者や非政府組織(NGO)、報道関係者らと面会した。6月の報告書提出に向け作業を進めており、人権理事会で報告の場も設けられる。

 来日時は「匿名のジャーナリスト」の証言を根拠として政府による報道への圧力に懸念を表明。戦時中の慰安婦制度を「犯罪」と決めつけ、教科書の記述に関して「政治的な意図が反映していると感じた」と述べていた。

<以下省略>

※引用元:

【歴史戦】政府、国連報告者に4項目で反論 沖縄や慰安婦で誤認 独り歩き警戒

http://www.sankei.com/politics/news/170226/plt1702260006-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • アメリカにまでメディア選別をはばからない大統領が生まれてしまったがメディア自体は健在で、日本の病をも照らし返す。日本では情報操作メディアだけ健在?
  • 国連なんて政治利用されまくってて全然信用ならないからね。無能がトップやったんやもん。メディアも同様。 まだ、お上をありがたがっている人は現実見た方が良いよ。
  • 元凶:国連人権理事会デービッド・ケイ氏。 そもそもこのケイって男が、偏見に満ちた怪しい「反日男」。 こんなに左翼が自由にモノを言ってる日本社会なのに、、順位が低い理由が分かったよ。
  • 外務省、今まで放置してるからこうなっちゃうんだよ。なんか慌ててやってる感が強い。逐次対応ではなくもっと戦略を持って恒常的にやるべし。
  • 記者クラブとか意味わからない規制かけてる時点でアウト。作った当時とは明らかに違った形でしか作用していない。
  • 人権を守るための仕組みが、他国の工作活動や一部団体の利益の為の仕組みになってしまっている。 その為、人権保護を訴える人が胡散臭く見えてしまう。
  • 別に良いけど、他の国でやることあるでしょ。 中国、韓国、北朝鮮… 本当に必要な国に的確な対応をする事が必要じゃ無いんですか?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: