ホーム

記事一覧

RSS

華のない京王電鉄の強みは、どこにあるのか


 京王電鉄は、特別料金を支払う必要のない列車ばかりである。近いうちに、有料での着席サービスが行われるという計画もあるが、東武東上線で見られるようなロングシート・クロスシート転換可能な座席や、小田急電鉄のロマンスカーのような質感の高いリクライニングシートなどがない。

 京王八王子や京王多摩センター、橋本までの長距離旅客のために、ちょっとしたサービスを提供する程度のものになるであろう。もっとも、新宿から京王八王子は37.9キロ、橋本は38.1キロである。

 現在は、ロングシートのみの通勤電車を使用した路線であり、それほどの個性があるように思えない。だが、京王はポテンシャルの高い路線なのだ。

 京王電鉄の子会社、京王エージェンシーによる交通広告の案内『京王メディアガイド2016』によると、「活性化する街を結ぶ。感度の高い人を運ぶ。」とある。おそらくは新宿や渋谷といったターミナルだけではなく、井の頭線沿線の下北沢や吉祥寺、京王線沿線の明大前や仙川、調布、府中といった街のことを指し、そこで暮らしている人を「感度の高い人」と評価している。

<以下省略>

※引用元:

華のない京王電鉄の強みは、どこにあるのか (1/3)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1702/27/news024.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • これ本当?:住宅地の杉並区や世田谷区では大卒サラリーマン家庭の読者が多い『朝日新聞』が読まれている。京王線の調布市エリアより先になると『読売新聞』読者が多く、庶民的なエリアになっていく。
  • 障害発生時の運転見合わせ区間の短さも強みだと思う。昔と比べると今はほんと短い。先日の西調布駅での人身事故でも調布-飛田給間しか止めなかった。
  • 少し前は「雪に強い京王」と言われてた。パンタの着雪防止策(薬剤塗布、シングルアーム)は京王から首都圏各事業者へ広まったしね。
  • 安さ。新宿or渋谷まで上手くいけば35分以内で行ける。ただ、分倍河原~中河原間は中央道のせいで高架化不可なので、そこは難点よね。
  • 地下になった調布駅の使いにくさは半端ない。人の流れを真面目に考えた設計には見えない悲惨さ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: