ホーム

記事一覧

RSS

政府、個人情報預かる「銀行」創設を検討 18年度中に法整備

 政府が、健康や購買履歴といった膨大な個人情報を、本人同意の上で専門事業者が一括で預かる「情報銀行」の創設に向け検討を始めたことが27日、分かった。預けられた情報を活用し、さまざまな企業が個人の行動や嗜好などに対応した、きめ細かな新サービスの提供などにつなげることが可能となる。政府は実証実験を経て、2018年度中の法整備を目指す考えだ。

 政府や民間が持つビッグデータの開放を目指す「官民データ活用推進基本法」が昨年12月施行されたことを受けた取り組み。政府のIT総合戦略本部(本部長・安倍晋三首相)が今月24日の検討会でまとめた中間報告の中で示した。

 想定する仕組みでは、システム会社などが運営する「情報銀行」に個人がアカウントを開設。そのアカウントに、各個人が同意した範囲内で情報を集める。

<以下省略>

※引用元:

政府、個人情報預かる「銀行」創設を検討 18年度中に法整備

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170228/mca1702280500003-n1.htm


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 例えば、SNS(交流サイト)に記した行動履歴やスマートフォンで記録した位置情報をアカウントに集約。観光業者がそれらの情報を踏まえて、その個人にあった旅行プランなどを提案する。
  • 全く別のスキームで作ってうまくいけばマイナンバーとかも吸収してほしい、「紙の制度」は終わらせないといつまでたっても問題は起こる。
  • 例えば、SNSに記した行動履歴やスマートフォンで記録した位置情報をアカウントに集約。観光業者がそれらの情報を踏まえて、その個人にあった旅行プランなどを提案する。
  • 日本の役人は 懲りないね!文科省であんだけ叩かれているのにまた天下り先を税金でつくるってか。しかも日々色々な情報が舞い込んでいるのでこれ以上はゲップしか出ないかも。
  • こんなリスクの高いものに、アカウトを作る人っているのだろうか。また、それを政府が主導するとは´д` ;確かにやるなら政府しかないか。くわばらくわばら。
  • 一般企業の何万倍も危険でずさん管理で何があっても責任とらない=日本政府。こんなところ使用するのは情弱。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: