ホーム

記事一覧

RSS

高知・白バイ衝突死 疑惑の”ブレーキ痕”はなぜ裁かれないのか


 2006年3月3日、高知県・旧春野町で起きたスクールバスと白バイの衝突死亡事故。そこに残されていた1組のブレーキ痕がスクールバスに過失があるという決定的な証拠となった。一審の高知地裁では、スクールバスの運転手に対し禁固1年4ヶ月の実刑判決。しかし、その後ブレーキ痕をめぐる数々の疑問が噴出した。

※引用元:

高知・白バイ衝突死 疑惑の”ブレーキ痕”はなぜ裁かれないのか

https://abematimes.com/posts/2093058


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 警察が身内に甘いのは今に始まったことではない、ストーリーに沿って何でもやるのも常套手段。こんな連中に共謀罪を預けたらとんでもない。
  • これは捜査した事や一度下した判決は、警察や検察の根幹に関わる事やから意地でも間違い認めないわな。それこそ50年戦ったら無罪になるかな。
  • ”絶望の裁判所”だな。検察と警察はお友達。警察は平気で証拠捏造することは、様々な事件でバレバレ。
  • (AbemaTIMES) ニュースパス これは、ほんま警察、司法のおかしなとこだよな…何年かかっても頑張って無罪を、勝ち取ってほしい。
  • こんな事故、事件?があったのか、、、これを読む限りは冤罪クサいが。最高裁は本当にちゃんと審議したのかどうか、、、■高知・白バイ衝突死


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: