ホーム

記事一覧

RSS

空き家・空き地の急増 「都市のスポンジ化」を防げ


 かつてにぎわいをみせていた駅前の商店街が周辺人口の減少などに伴ってシャッター通りとなり、街から活気が消えうせる。こんな光景が今、全国で広がっている。こうしたシャッター通りを生み出している大きな要因が空き家や空き地の増加である。

 とくに都市部で空き家や空き地が不規則に発生して空洞化する「都市のスポンジ化」は、都市計画における新たな課題といえる。中心市街地でも個人が相続した土地は、空き地として放置される事例が目立っている。これは都市基盤をスポンジのように弱体化させる恐れがある。

 このため、国土交通省では都市のスポンジ化を防ぐ対策づくりに着手した。これまで開発・整備段階で規制してきた都市計画制度を抜本的に見直して、将来の維持・管理段階まで一定のマネジメントを促すような仕組みを検討することにしている。

<以下省略>

※引用元:

【日曜経済講座】空き家・空き地の急増 「都市のスポンジ化」を防げ 論説委員・井伊重之

http://www.sankei.com/premium/news/170305/prm1703050029-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 開発のブレーキとしては一時代役になったとも言える都市計画であるけれども、アクセルとして有効に機能したのは需要が爆発的にある時代で、需要が縮小する中での方策ってそもそもできることがあるのかしら。立地...
  • こんな酷い記事、久々に見ました。ジャーナリズムの欠片もない。人の幸せ、人間としての尊厳、人権、全て無視したような論調は今の政府の方針そのまま! さすがは産経。
  • これは所有者不明の山林等と同じようにやればいいんじゃないかな?つまり空き家空き地はある一定期間売られなかったら強制的に国が接収する。その上で家が欲しい人に空き家を貸すなどして再分配すればよい
  • 日本の住宅政策は空き家増加を全力で奨励してる。固定資産税を抜本的に見直さないとダメ。
  • 「そのため、これからは官民で都市マネジメントに取り組む」 その「官民マネジメント」とやら自体が問題を引き起こしていることに、世の多くの人々は気づかない。


















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: