ホーム

記事一覧

RSS

地方の百貨店は消えてなくなるのか 閉店ラッシュが止まらない


   全国の百貨店が相次ぎ閉店している。

   2017年2月28日、セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下のそごう・西武が運営する茨城県つくば市の西武筑波店と大阪八尾市の西武八尾店が閉店。その前日には、さくら野百貨店仙台店を運営するエマルシェ(仙台市)が仙台地裁に自己破産を申請して営業を停止するなど、閉店ラッシュが止まらない。

※引用元:

地方の百貨店は消えてなくなるのか 閉店ラッシュが止まらない

http://www.j-cast.com/2017/03/05292245.html?p%3Dall


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 地方から景気の動向が見えてくる。 何れは大都市圏まで不景気の嵐と共に働き場所や賃金減少や東京オリンピックまでに物件評価が落ち不動産関連の企業倒産は始まる。
  • 西武跡にイオンのテナント入れて、イオンタウンつくば学園にしたらどうか。良い実例は千葉県佐倉市のイオンタウンユーカリが丘。イオン店舗名もつくば学園店に変更、足並み揃える。
  • 人口減少社会になって企業の倒産が相次ぐだろう。おまけに消費税値上げに年金引下げなんかしたら完全に日本は終わる 国民の90%は貧困に追い込まれる。これが独裁政権のやりかただ。
  • ネット通販や価格.comなど、明らかに値段が安く、買い物の手間が省けるのだから負けて当然だ。今までにない変革と、富の集中や偏りが起こるだろう。
  • ※記事は西武百貨店の筑波店や柏店の閉店の話題だが、隆盛時の半分の売上だそうだが、経営陣の時代対応能力の無さは否めない!日本の経営学は陳腐化している!
  • 買い物を楽しむという生活スタイルが消えている。地方中核都市の百貨店が次々と閉店し、スーパーの象徴的存在であったダイエー碑文谷店をはじめ各地の総合スーパーも閉店している。
  • 人口減やネット通販だけが原因というわけではなく。無駄遣いや衝動買いをするような余裕がないのも要因としてはある。所謂従来の高級品等は求めていないし。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: