ホーム

記事一覧

RSS

アマゾンの過剰サービス、ヤマト宅配便危機の一因に… どう解決?

 ヤマト運輸の労働組合が今春闘で「宅急便」の荷受量増大による労働環境の改善を会社側に求めたことで、宅配便急増問題が再びクローズアップされている。ネット通販の成長による宅配便荷物の増加、解決策が見えない不在再配達、物流会社の運転手ら社員の働き方問題-など、かねて顕在化していた多くの問題が複雑に絡まり合う。

 ヤマトの労務問題の鍵を握っているのが、世界最大手の通販会社、米アマゾン・ドットコムの日本法人「アマゾンジャパン」である。アマゾンはその大半の配送をヤマトに委託し、ヤマトの宅配便の荷受量急増をもたらした。アマゾンの仕事の量次第で、ヤマトの運転手は過重労働になるという構図だ。

 世界最大の通販会社が米アマゾン・ドットコムであり、2016年の世界販売額は約1360億ドル(約15兆4800億円)。うち日本の分は108億ドル。この金額は百貨店大手、三越伊勢丹ホールディングスの売上高(2016年3月期は1兆2872億円)に匹敵する。三越や伊勢丹は買った品物を持ち帰る人の方が多いが、アマゾンの大部分の商品は宅配便で送られる。

<以下省略>

※引用元:

【視点】アマゾンの過剰サービス、ヤマト宅配便危機の一因に… どう解決?

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170307/bsd1703070500007-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 確かに内容の割に大きいダンボールと個数、注文番号別に来るから例えば1時間後に発注かけると別の便になって、同じ日に来ても個数がおおい。
  • SDカード1枚をPC1台が入りそうな段ボール箱で配送する…柿1つでも同様の配送してたのが話題になったね。去年からアマゾンは高くなった。自動運転かドローンで対処するのだろう
  • 送料は無料って考える日本人が多いのも問題。仮に送料が無料なら商品代金に送料が含まれているはずだろう。それが配送業社に適正に分配されないのも問題。
  • (SankeiBiz) 全部コンビニ受け取りにしようと、徒歩圏内の20店ほど検索して、全部満杯か場所がないかで登録できませんでした。最寄り駅のボックスも一杯。どやさ…
  • この記事はアマゾンからの大量の配送依頼でヤマトがどれだけ稼いでいるのか、という視点が抜け落ちているような気がします。あたかも大量依頼が悪いかの書き方には違和感。
  • そら朝の6時に届けるとか日が違うからバラで配送頼んだのに一時間と経たずに別便発送したとか、お前が運べ!ってヤマト言っていいようなことしまくっとるし
  • (SankeiBiz) これはヤマト運輸とAmazonの問題であって両社で料金体系を見直せばいい話。 Amazon利用者じやないヤマト運輸利用者はいい迷惑!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: