ホーム

記事一覧

RSS

<稲田防衛相>「教育勅語自体が全く誤りというのは違う」


 稲田朋美防衛相は8日の参院予算委員会で、明治憲法下の教育理念である教育勅語について「『日本が道義国家を目指すべきだ』という精神は取り戻すべきだ」と述べた。教育勅語は「基本的人権を損ない、国際信義に疑いを残す」として1948年に衆参両院で排除と失効確認が決議された。稲田氏に対し、資質を問う声が上がる可能性がある。

 大阪市の学校法人「森友学園」の幼稚園で園児が教育勅語を暗唱させられていたことに関し、福島瑞穂氏(社民)が見解をただした。稲田氏は「勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すことだ」と発言。「全く誤っているというのは違う」と語った。

 また「今も三重県では校庭に教育勅語の碑を置き、父母の日に勅語を全て写させている高校もある」と指摘。福島氏は「教育勅語が戦前、戦争への道につながり、道徳規範として問題を起こした」と批判した。

<以下省略>

※引用元:

稲田防衛相:「教育勅語自体が全く誤りというのは違う」 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00m/010/057000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 最後の徳目?だけ象徴天皇制の今の時代にはそぐわないし、戦前の思想教育での使われ方や背景はわからないけど、他のについて1つ1つは概ね悪い内容だとは思わないけどね。
  • 年端もいかない子供たちに、お前たちは神の子だ。大きくなったら神兵となり、天皇のために命を捧げるのだ。という洗脳教育が、戦前戦中を通じて行われた。玉砕や神風特攻…
  • 教育勅語をつまみ食いしている疑念は置いといて、勅語は真ん中の「一旦緩急アレバ」から始まる骨子を無理くり押し込んだ文章だと思うのはオイラだけだろう。
  • 森友学園の土地買収問題の記事を読んだ時、まず違和感を覚えたのはこの点。安倍晋三記念小学校って仮名からして現代の人は違和感しかないだろ。
  • 大臣に賛成。教育勅語は明治天皇からのメッセージとして発表された日本の子供達に大切にして欲しい価値観。否定されたのは占領統治下での事。一度曇りなき眼で読んで欲しい。
  • この世の中に全くの誤りなんてのは、稀なものでこのタイミングでわざわざ口にするのも頭良くないし、言葉尻捕まえて資質がどうとか言うのも苦笑物だ。これがみんなの選んだ代表
  • 教育勅語は明治憲法体制下で「祖国のために死ぬこと」という忠君愛国を根付かせるために作られたもの。それを擁護しようとする稲田どもの本音が伺える。あるいは単にバカか。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: