ホーム

記事一覧

RSS

生活保護申請の妊婦に自治体職員が「産むの?」中絶ほのめかす…対応の不備認め謝罪

首都圏のある市の福祉事務所で今年1月、生活保護を申請しに来た40代の妊婦に対し、職員が「産むの?」など堕胎をほのめかす発言をしていたことが分かった。女性の支援団体が3月8日、記者会見で明らかにした。

市は弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「確認をしただけで、中絶を求める意図はなかったが、そのように受け止められてしまった点については配慮が足りなかった」と回答。女性に対してはすでに謝罪しているという。

支援団体「POSSE」スタッフの今岡直之氏によると、行政が対応の不備を認め、謝罪する例は珍しいという。

「POSSE」によると、女性は日本の永住権を持つフィリピン人のシングルマザーで、高校生の息子が1人いる。約5年前、日本人の夫と離婚し、スーパーの深夜パートなどをしながら、生計を立てていたという。しかし、今年に入って妊娠が発覚。腹部に痛みがあり、品出しなどの作業が困難になったとして1月中旬、生活保護を申請しに福祉事務所を訪れた。

<以下省略>

※引用元:

生活保護申請の妊婦に自治体職員が「産むの?」中絶ほのめかす…対応の不備認め謝罪

https://www.bengo4.com/internet/n_5812/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 人をなんだと思っているのか?程度の低いヤクザやゴロツキに絞って不正受給を停止すべき。係の役人をバッアップする仕組みが必要。こういう議員立法をなぜしない?
  • これは職員を批判できないな……。セイフティネットと子供の扶養は別にならないと、虐待やらネグレクトと負の連鎖もあるかもだから。 これは「中絶権」の話にも繋がる難しい話だ。
  • 無礼で無神経な発言💢 ただ、この職員は非正規雇用の可能性がある。もしそうだとしたら、市当局の指導不足という面も否定できない。
  • そのまま家帰って死ねば良かったのに。仲間引き連れて再訪する辺りぜんぜん効いて無さそう。なんで金に困ってるのに子供産むねん死ねよ
  • 割と真面目に子供を産むには免許がいるって制度作ってもいいんじゃないの?一定水準以上の知識と経済力はどうしたって必要なんだし




















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: