ホーム

記事一覧

RSS

東芝子会社、外交問題化も WH破産処理 米政府、反発の恐れ


 東芝の米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の事業に対し、米政府が83億ドル(約9500億円)の債務保証をしていることが9日、判明した。東芝が検討するWHの破産処理に米政府が反発し、外交問題に発展する恐れがある。日米両政府の関与で、東芝の経営再建が難航する懸念が出てきた。

 「タイミングが悪い。間違いなく政治絡みになる」

 東芝幹部はこうこぼす。世耕弘成経済産業相が来週、訪米する際、ペリー米エネルギー長官と会談する可能性があるためだ。

 東芝はWHについて、米連邦破産法11条の適用申請を検討する。米国で建設中の原発4基の損失が、さらに膨らむリスクをなくすためだ。破産法が適用されれば、WHは今後発生する潜在的な債務を切り離し、事業を継続しながら再建を進められる見通しだ。米国では、WHが米破産法を専門とする複数の弁護士と契約したとの報道もある。

<以下省略>

※引用元:

東芝再建、外交問題に巻き込まれる恐れも…WH原発事業に米国債務保証

http://www.sankei.com/economy/news/170309/ecn1703090037-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 東芝は「ミニ大日本帝国」だな。進む方向を見直すことなく突き進んで、八方塞がり。まさに「進退窮まる」。この債務保証の件は、ソ連参戦に匹敵するかも知れない。
  • 法治国家の米政府が政府保証の入った契約書に署名しているので、米政府の責任でその当事者に日本政府が入っていないならなぜ外交問題?トランプの我儘を想定して?
  • 粉飾決算するような会社と知ってたら米も金出さないだろうから、グダグダ米から言われて、誰の手助けもなく、東芝は早く崩壊して欲しい。それが世の為。
  • もうね東芝の経営陣には事ここに至っては自分達には売却先等の意思決定権は無い。
  • ババ抜きのババを掴まされて、文句言われるなんてさ。原発依存症の末路は哀れ。
  • 半導体事業の売却先をめぐっても、政府の圧力が懸念 何としても原発事業を残せってことか、安倍 東芝の元社長佐々木と組んで原発を輸出でトップセールス。 そりゃ必死だな


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: