ホーム

記事一覧

RSS

「アマゾンだけじゃない」ヤマト現役ドライバー、過酷労働の「搾取構造」語る

約7万6000人の従業員と全国規模の面談を進めているヤマト運輸。表向きは「労働実態把握のため」としているが、実質は未払い残業代の確定作業だ。昨年、所属する支店に労基署の是正勧告が出され、今回の大規模な「改革」の発端となった神奈川主管では、1月にホテルなど複数の会場を借りて面談が行われた。

「残業代は支払われるかもしれないけど、未だに法定の休憩時間は取れません。変わったのは、休憩できなかったときに、ちゃんと休めていないと申告できるようになったことぐらい」と話すのは、面談に出席した勤務10年以上のベテランドライバー。

「ネット通販の増加という『社会問題』に責任転嫁しているけど、結局は会社が『シェア』を追って、現場に押し付けてきた結果。人が増えないとどうしようもないけど、現場を『搾取』する構造で利益をあげてきたから、新しい人が定着しない」と不満をあらわにした。毎月40時間ほどがサービス残業だったという。

<以下省略>

※引用元:

「アマゾンだけじゃない」ヤマト現役ドライバー、過酷労働の「搾取構造」語る

https://www.bengo4.com/c_5/n_5830/


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • これは電通しかりで、企業側の儲けばかりが優先されて働き手の生活が考慮されていないってことか、電通以外の大手広告系にも多いなあ。
  • 宅配便最大手でさえ人手不足で、まわならいのに中小零細の物流企業、個人事業主が良くなるはずがない。
  • ヤマトは貪欲にサービス増やしすぎなんだって、経営陣が儲けたいからなんだろなー。経費の嵩むクール便とかTVCMもやめちゃえ。
  • アマゾンだけじゃないヤマト現役ドライバー過酷労働の搾取構造語る弁護士ドットコムニュース 発注者は業者から利益を搾取。業者は薄利で給料払えない。客は安い運賃を求める。∞
  • 「アマゾンだけじゃない」ヤマト現役ドライバー、過酷労働の「搾取構造」語る(弁護士ドットコム)会社からすれば、利益を出すための苦肉の策と言えます。残業代を払う為には、一個当たりの運賃を値上げすることに対して消費者が納得して頂けること。
  • ORICON NEWS 第二の「電通」・・・・経営陣が儲ける事しか考えていないのが日本の大企業、日本では労働者は奴隷と変わらないのでは??


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: