ホーム

記事一覧

RSS

準中型免許きょう導入 物流の人手不足緩和に期待

 12日に施行される改正道路交通法を受け、新たな運転免許の区分に「準中型」が導入される。宅配便の配送などで主流となっている小型トラックが対象で、普通免許の保有実績がなくても18歳から取得できるのが特徴だ。若手ドライバーの就業を増やし、物流業界の人手不足緩和につながる効果が期待される。

 準中型免許は総重量3・5トン以上7・5トン未満の車両が対象で、普通免許と中型免許の間に位置づけられる。準中型免許の創設に伴い、新たな普通免許で運転できる車両総重量は5トン未満から3・5トン未満に変更される。免許取得には、従来の普通免許保有者が教習所や試験場で審査を受ける方法のほか、初めての免許取得者でも普通免許のように教習所の教習を受ければ取得が可能だ。

 宅配便やコンビニ配送のトラックは保冷設備などの重量化が進み、総重量が5トンを超える車両が増加。普通免許では運転できないケースが多くなった。だが5トン以上が対象の中型免許は20歳以上かつ普通免許取得から2年以上が経過していなければ取得できないため、高卒ドライバーが即戦力となるのが難しかった。

<以下省略>

※引用元:

「準中型免許」制度が12日スタート 18歳から取得可、若手ドライバー確保、物流業界の人手不足緩和に期待

http://www.sankei.com/politics/news/170312/plt1703120009-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 確かに労働力確保にもなると思うが、「安井高卒を使いたい」というのが運輸業界の本音。また、18歳人口が減り経営難が増えている教習所にとっても、資格の細分化は利益の確保になるのだ。
  • 車免許取る人激減、教習所も常駐教官いない。ここも細かく複雑怪奇。天下り先増える? 笑ってるのは役人だけ?
  • そもそも大型と普通免許だけで良いのに中型なんてモン導入するから高卒や二十歳前後の若者ドライバーが極端に少なく、低コストや人手不足の他、過労による事故が増えた。少しはマシになれば良いね。
  • これさ、ホントわかりにくいよね。 私が取った時は普通免許だったけど、今では自動的に中型。 次の更新では変わらないはず…?
  • 免許も大事だが、狙い撃ちの様に宅配車の駐禁やめれば。大変だ用あれ。別な普通営業車は徹底的にどうぞ!
  • 慎重な検討をしないで、法改正により免許規制をしたのが原因です。もともと規制をしなければよかった話です。警察関係者は深く反省してほしい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: