ホーム

記事一覧

RSS

ミスド、大規模構造改革でキッチンなしの店舗も

 ドーナツ専門店の「ミスタードーナツ」が大規模な構造改革を進めています。消費市場の低迷と慢性的な人手不足に対応するため、キッチンのない店舗の比率を高めます。同社の対応は、日本の消費市場の先行きを見越したものと考えられます。

※引用元:

ミスド、大規模構造改革でキッチンなしの店舗も | THE PAGE(ザ・ページ)

https://thepage.jp/detail/20170310-00000002-wordleaf


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 最近僕は、毎月1回はミスドに行く。 キッチンなしの店舗に行くなら、店の開店直後に行ったほうがいいってなるなあ。 風味が少し落ちても美味しいドーナツを許容できるかは、結局は人間の慣れに依存することになるな。
  • PAGE) キッチン無しだと「コンビニドーナッツでもいいじゃん」となって客流れそうだけど、そこら辺(作り置きでの味低下)の対策は出来ているのかな?
  • 今後はキッチン無し店舗を増やす予定。キッチン無し店舗にはキッチンありの店舗から品物を配送、加えて持ち帰り専門店を増やし店舗コストを削減。
  • そうなんです。中核人口が今後減少するんです。なのにこの中核人口の採用を推し進めない企業は未来を考えていないと言う事なんです。→
  • 厨房が明らかに狭そうだった店も確かに在りましたが...今後は飲茶メニューとかを無しにしてドーナツだけの店も出て来るのかも知れませんね。
  • キッチンなし店の作り置き商品がどのぐらいの時間が経過しているかだよね。場合によっては油が回っているかもしれないからコンビニでも良いよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: