ホーム

記事一覧

RSS

<万博>格差や精神疾患を「主なゴチャゴチャ」…関西弁版


 経済産業省は13日、大阪への誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の有識者検討会を大阪市内で開き、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする報告書案を取りまとめた。

 経産省は報告書案の「関西弁バージョン」も作り、13日に公表した。テーマ案の「いのち輝く」の部分を「いのちがキンキラキンに輝く」と言い換え、サブテーマ案の「持続可能な」を「めっさいけてる」と表記。親しみやすさを演出する狙いとみられるが、検討会委員からも「コテコテ過ぎる。地元の人でも違和感を覚える言葉遣いが目立つ」などと批判的な意見が出た。

 報告書案の第1部を言い換えたもので全8ページ。万博について「世界の人々が『もうかりまっか』言うて出会って、『ぼちぼちでんな』と言い合える仲になる意義もでかいわな」などと記述。さらに、現代社会の課題とされる格差や精神疾患、環境破壊などを「主なゴチャゴチャの例」とひとくくりに記載した。

<以下省略>

※引用元:

万博:格差や精神疾患を「主なゴチャゴチャ」…関西弁版 - 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20170314/k00/00m/020/122000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • あまりにナンセンス。感性が腐り果てている。なぜこれが良いと思うのか。これで何が伝わるのか……端的に言ってド低脳だから頬にフォークでも刺してもらえ。
  • ええやないか、河内弁から見たら上品なもんや。つべこべ言うておもろないもんこさえたら末代までの恥やで。足して二で割ったらあかん!突き抜けたれ!
  • 貴重なお金と人材と時間の無駄。市井の人々をここまで愚弄するのかと呆れる。決して忘れない。
  • 「いかにもお役所がつくったような報告書だと、多くの人に読んでもらうのは難しい。関西弁で日本全国にアピールすることにした」←全国相手なら方言でなく標準語でしょうに…
  • 大阪弁でしかよう喋らんよう書かん私が言うのもなんですけど、大阪弁って書いたらなかなか伝わらんもんでっさかいなっぁ。こんなん止めなはれ。
  • おっ。悪意ある偏向報道はさすが毎日新聞さんや。右に出るもんはおらんな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: