ホーム

記事一覧

RSS

「月100時間未満」で決着=残業上限、安倍首相裁定に


 政府が導入をめざす「残業時間の上限規制」をめぐり、安倍晋三首相は13日、経団連の榊原定征(さだゆき)会長、連合の神津里季生(りきお)会長と首相官邸で会談し、焦点だった繁忙期の上限を「月100時間未満」とするよう要請した。経団連は「月100時間」、連合は「月100時間未満」を主張して譲らずに対立が続いていたが、首相が連合の案に軍配を上げた形。経団連は首相の「裁定」を受け入れ、上限規制は決着する見通しだ。

 上限規制をめぐっては連合側が、過労死ラインの月100時間まで残業を合法化するのは「到底ありえない」(神津氏)と批判。労使合意が規制導入の前提だとして、安倍首相が労使双方に協議を促していた。

 榊原氏と神津氏は会談に先立ち、繁忙期の残業時間の上限について「100時間を基準値とする」とする合意文書を作成。労使間の対立が解けず、この文書では「100時間未満」の表現は使っていなかった。

<以下省略>

※引用元:

残業上限「月100時間未満」で決着へ 安倍首相が経団連と連合に要請

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/14/overtime_n_15348808.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • なんで椅子に座ってふんずりかえってるだけでまともに働いたこともない連中が決めるのかねぇ?外野は黙ってろと。もうクビになろうが勝手に自分で帰宅するわ。
  • これはもう、「日本死ね!」どころじゃ済まないブログも大量発生しそうだな。バイトテロどころじゃ済まない事件も多発するかも。
  • これの一体どこが安倍のいう「画期的な大改革」なのだ?そもそもが月45時間迄と決められている36協定を例外なく遵守させればいいだけだろうが。★「月100時間未満」で決着=残業上限、安倍首相裁定に:時事ドットコム
  • で?だから? サービスで逃げる企業なんざこの国には腐るほどあるっつーの。 建前だけ整えたって何の意味もない。
  • 上限設けるだけじゃなくて100時間まで働かせた後のフォローも必要なんじゃないの。残業代は当然全額支給で、有給は必ず消化させるよう義務付けるとか。
  • サブロク協定のベース(45時間、80時間)は変わらず、忙しい月でもmax100時間。 と、青天井に蓋をしたってことでは? 表題に踊らされてる人、いるんだろうなぁ。
  • この決定に何の意味があるのかなあと思った人は多いはず。まともに働いたことない人々が決めるとこうなるんだね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: