ホーム

記事一覧

RSS

小金井の女性刺傷、検察は控訴せず 被害者側「残念」

 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)をナイフで刺して重傷を負わせたとして殺人未遂などの罪に問われた岩崎(いわざき)友宏被告(28)について、東京地検立川支部は14日、懲役14年6カ月とした一審・東京地裁立川支部の判決に対して控訴しない方針を明らかにした。岩崎被告は判決を不服としてすでに控訴している。

 冨田さんの代理人弁護士は判決後、家族の意向として検察側に控訴してほしいと希望を伝えていたが、地検支部は「控訴するに足る理由はない」としている。代理人弁護士は「検察が控訴しなかったことは非常に残念だ」と話した。

 一審で検察側は、懲役17年を求刑。冨田さんの代理人弁護士は、被害者参加制度を通じて無期懲役にすべきだと訴えていた。

※引用元:

小金井の女性刺傷、検察は控訴せず 被害者側「残念」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3G5RL0K3GUTIL04V.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 充分な判決、と中央政府の行政機関の判断に私も残念です。性犯罪者に準じ加害者の情報公開やGPS 埋め込みを是非。
  • 被害者を守らない警察、加害者を守る弁護士ねえ。この法律による世界って本当に良い人弱い人のためかな?悪人天下だわ。
  • たまたま、動脈が損傷されず、運良く救命されたからといって、死ななかった=刑が軽いって、助けるために奔走した医療者ご愚弄している。
  • 刑事訴訟法の規定で原審の判決を上回る量刑の言い渡しが出来ないデメリットですね。
  • どんな事件でも、加害者は賠償金払い終わるまで収容所で強制労働でいいんじゃない?被害者の救済を優先しようよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: